top of page

14 テレビゲームと、オンナジ 『世界一大きなおもちゃばこ』

14 テレビゲームと、オンナジ

ママは、いつもは、とってものんびり準備をする人だったけど、

今日は、DVDを早送りしてるみたいに、

すばやく動いて、準備をしてくれたの!!

るなが沖縄に行く準備と、

ママが病院に行く準備と…!!


準備が出来ると、

ママは、自転車のうしろにるなを乗せて、

千葉ニュータウンの駅まで、るなを送ってくれたよ。


バスがいっぱい停まるところで、自転車をおりると、

るなの目をじーっと見つめて、

それで、るなのこと、ぎゅーーーって抱きしめてくれたの。


…るな、知ってるよ?

るなよりも、ママのほうが、泣いちゃいそうだったんだぁ。


でも、ママ、

いつもの優しい笑顔で、

「るな♪いーーってらっしゃい♪

 これは、テレビゲームとオンナジなのよ?

 次にしなければいけない課題は、

 メモ用紙に、ちゃーんと書いてあるから、

 それを、よーーく、よーーく、読むのよ?


 3年生のるなに出来ないことは、何にもナイから、だいじょーーぶ♪

 …だいじょうぶ。時間はたくさんあるよ♪」


るなは、

ママのほっぺにチューをして、

いさぎよく、「行ってきまーす!!」って、

笑顔で手をふったんだよ♪



るなは、きっぷも自分で買ったことがあるから、

電車に乗るのも、へっちゃらなの♪

…1人で電車に乗ったことは、まだ、無かったけど…


きっぷのきかいは、とってもこんでたの。

るなの前に、10人くらい、いたよ。

ぜーんぜん、前に進まないの!!


「るな、ひこうきに乗るんだよ!?

 ひこうきに乗りおくれちゃったら、どーすんの!?」

…って、イライラしてきちゃったけど、ガマンガマン。

だいじょうぶ。時間はたくさんあるよ♪


5人、4人、3人、2人、1人…

るなの買う番!!


「きっぷなんて、買えるもん♪」

って思ってたのに、

いざ、一人ぼっちで、きかいの前に立ったら、

…あれれ??どうしていいか、わからない…!?

先に、お金を入れるんだっけ?

それとも、先に、ボタンを押すんだっけ??

…あれれ??どっち!?


るな、わきの下に、ジトーって汗が出てきちゃった!!

ムネがドキドキして、頭がぼーーっとして…

知ってるハズのことなのに、わかんない…!!!


…でも、

画面をよく見ると、ねだんのボタンが、映ってない!

わかった!!

先に、お金を入れるんだぁ♪


…あれ!?

きっぷ、いくらだっけ??

…たしか…1500円??

とにかく、最初の数字は、「15」だったんだよ。


そうだ!

こういう時に、メモを見ればイイんだよ♪


「千葉ニュータウン中央 → 羽田空港国内ターミナル 1510円」


そうそう!1510円だよ♪

千円札を1まいと、小銭をじゃらじゃら…

ホラ♪

ちゃーんと、「1510」のボタンが、出てきたよ♪


『世界一大きなおもちゃばこ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page