top of page

17 羽田空港ナンチャラカンチャラ 『世界一大きなおもちゃばこ』

17 羽田空港ナンチャラカンチャラ

どれくらい電車に乗ったのか、ぜーんぜん、わかんない。

1日中、乗ってた気もするし、

100年ぐらい、がんばってた気もする…


ウトウト、ぼーっとしてたら、

「次はぁ、羽田空港ナンチャラカンチャラ…」

って、アナウンスが聞こえたの!!!


「着いたー!!」

って思ったら、急に目がさめちゃった♪

ドキドキワクワクしてきたよ♪


それから、1分くらいたって、電車がとまると、

やっぱり、大勢の人たちが、いっしょに電車をおりたよ。


るな、大人の人たちにはさまれて、上手く歩けなかったから、

いったん、カベのほうに避難して、じーっと待ってたの。

それで、人が少なくなってから、歩きはじめたの。



階段を上ろうとして、

「あれ??」って思ったの。

「ホントに、この駅で、合ってるのかな???」


るな、もう1回ホームのほうにもどって、

駅の名前が書いてある、カンバンの前に、立ったの。

「羽田空港国際線ターミナル」


…???

合ってるような…まちがってるような…???


るなは、

Tシャツから、赤いポーチを引っぱり出して、

ポーチから、1つ目のメモを引っぱりだして、

じーーーっと、ながめたの。


「羽田空港国内線ターミナル」


…???

合ってるような…まちがってるような…???


るなは、

まちがいさがしのクイズをするみたいに、

1文字ずつ、順番に、てらし合わせてみたの。

羽・羽…田・田…空・空…港・港…国・国…内・際…!?


あれ!?

やっぱりちがうー!!

よく似てる名前だけど、やっぱり、ちがうよー!!!


どうしよう…ちがう駅で、下りちゃった…!!!


どうしよう…

もう、みんな、いなくなっちゃったし…!!!

ママぁ、おばあちゃん、助けて…!!!


るな、涙が出てきちゃった。

泣かないって決めてたのに、ダメだったぁ…



駅のホームは、しーーーんとしてて、冷たくて、

「もう、このまま死んじゃうかも」って思った…

わきの下に、汗がジトーーって出てきて、

ムネがドキドキしてきて、

頭がクラクラしてきちゃった…

せっかく、元気になったハズだったのに、

また、足が痛くなってきて、腰も痛くなってきちゃった…


『世界一大きなおもちゃばこ』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page