top of page

22 おそば屋さんの前… 『世界一大きなおもちゃばこ』

22 おそば屋さんの前…

場内のアナウンスで、

「このひこうきは、沖縄行きナンチャラカンチャラ…」

って言ってて、

「やっぱりこれが、ひこうきだったんだ」って、わかった!!


…るな、

外側から見たひこうきの形は、知ってたけど、

ひこうきの中が、映画館みたいだってこと、知らなかったから…



しばらくして、まわりが落ち着いてきたら、

紺色のお姉さんが、るなのところに、来てくれたの。

それで、となりに座ってた、ママと同い年くらいのおばちゃんに、

るなの5まいのメモを見せながら、コソコソお話してた。

おばさんは、大きく首をふってうなづくと、

るなの顔を見て、「よろしくね♪」って、優しい笑顔で、言ってくれたの♪

なは、おばちゃんの優しい笑顔を見たら、安心してきて、

すぐに、くたっとねむっちゃった。



…となりのおばちゃんが、

「おじょうちゃん、沖縄に着いたわよ♪」って、優しく体をゆすってくれて、

るなは、目をさましたの。

…すっかり、つかれが取れちゃってた!!


おばちゃんは、るなの手を引いて、

空港まで下りていってくれたの。

しばらくいっしょに歩いてたんだけど、


「沖縄そば」っていう「のぼり」を見つけたから、

るな、そこで立ち止まったの。

おばちゃんに、「沖縄そば」ののぼりを指さして見せたら、

「あ、そうだったわね!

 おそば屋さんの前に、誰かが、むかえに来てくれるのよね♪」

と言って、るなから、手をはなしたの。


「気をつけてね♪」って言って、るなの頭をなでなですると、

何度か、ふり返って手をふりながら、どこかに消えてっちゃった。

るなも、ずーーっと、手をふっていたよ♪



るなは、おそば屋さんの前で、待ってたの。

10分くらい待っても、だーれも、来ない…

…いや、

近よってくる人はいたけど、

みんな、お食事するために来てるだけ、だったよ。


待っても待っても、だーれも来ないから、

るな、また、不安になってきちゃった…

「何か、まちがってるかも!」

と思って、メモを、ながめてみたの。

「空港のげんかんの、おそば屋さんの前」

…まちがえたー!!!

ここは、げんかんじゃなかった…!!!


『世界一大きなおもちゃばこ』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page