top of page

24 常識破りの恋愛観 『イーストエンドは西の果て』

24 常識破りの恋愛観

 辺りは、暗くなり始めていた。

 時計なんて持っていないから、時間の感覚は、サッパリ麻痺していたよ。

 でも、すでにもう、この国に1週間くらい居るような気がした。

 どうやら、非・日常的な環境にいると、普段の日常よりもずーっと、時の流れが早く感じるんだね!

 小学校に入ったばかりの時に、コレとオンナジような感覚を味わったのを、思い出したよ♪

 …逆を言えば、それ以来、5年間もの間、僕はこういう「非・日常的なワクワク」を、味わっていなかったんだなぁ。


 僕は、同時に、「生きている」ってこういう感覚なんだって、気付いた!

 普段の僕は、「ただ、生命を維持している」ってだけで、「生きている」ワケでは、なかったんだよ!

 こういう、今みたいな興奮を味わっていない時は、「生きながら、死んでいる」だけなんだよ。「生きながら、死んでいる」状態で何百年生き延びたって、そんなのゼンゼン、うれしくナイんだ。

 父さんが、世間の目も気にせずに、個性的な人生を選んで生きている理由が、僕にも解る気がしたよ。あのヒト、ただの「お花畑ちゃん」じゃぁ、なかったんだなぁ(笑)


「ところで、今僕ら、どこに向かってんの?」

「そろそろ真っ暗闇になっちゃうからねぇ。寝床に向かうんだよ。」

「ホテル?僕、ホテルって泊まったことナイなぁ。」

「ホテルでは、ナイよ(笑)

 ただの、民家だよ?」

「民家!?見知らぬヒトの家に、寝泊りすんの!?

 僕はイイけどさ、そんなの受け入れてくれるヒト、居るワケないよ!」

「そうかなぁ?

 さっきの女のヒトは、見知らぬぱるこに、『いくらでもナンをごちそうする』って、言ってたよぉ?」

「それはそうだけど…

 誰か、来客に慣れている一家が、居るのかなぁ。

 …で、どの家にお世話になるの??」

「どの家でも、イイよ♪」

「へ??」

「どの家でも、ぱるこのフィーリングでピンと来た家の前で、『おじゃまします』ってあいさつしてみたらイイよ♪」

「マジで!?

 …って言っても、どれも似たような家だから、フィーリングって言われても難しいなぁ。

 次に通りかかる家でも、イイ?」

「モチロンさぁ♪」


 僕は、次に通りかかった何の変哲もナイ民家の前に、立ち止まってみた。

 もう肌寒く、薄暗い時間だから、サスガに玄関は閉められていた。

「ドキドキ…だいじょうぶかなぁ…」

「さぁ、勇気を出して♪」

 ハイミーは、楽しそうだった。他人事だから、ノンキに笑ってられるのさ!

「わ、わかったよ!」

 僕は、深呼吸して、無意識的に、服のエリや頭髪を整えたりしていた(笑)

「すいませーん!誰か居ますかー??」

………

「はいはーい?

 あら!あなたは、さっきの男の子…」

「ぱ、ぱるこです!

 あのぅ…イキナリ、ぶしつけなんですけど…と、と、泊めてもらえたり、できますか!?」

「えぇ、構わないけど…我が家で、イイのかしら?」

「は、はい!あなたの家が、イイんです!!」

「まぁ!光栄ですこと(笑)

 じゃぁまずは、奥へお入りなさいな♪」


 その晩、僕を受け入れてくれたのは、30歳くらいのほっそりとした女性だった。

 そして、その家族たち。旦那さんが居て、7~8歳の男の子と女の子が、1人ずつ、そして…

 …???

 もう1人、30代後半くらいの女性が、居た。


 旦那さんが、穏やかな笑顔で、僕に握手を求めてくれた。

 彼の優しそうな微笑みを見て、僕のキンチョーは、一気に溶けた♪

 子どもたちは、もう1人の女性の影に隠れてる。ハズカシそうに、でも興味津々の眼差しで、僕のことを見つめていた。

「えぇと、旦那さんですよね?」

 面白いモンで、動物の姿をした生き物に対しては、ためらいなくタメ語で話せるのに、人間の姿をしたヒトには、敬語が口をついて出てしまうようだった。

「いや、『旦那さん』っていうのとも、違うんだけどね(笑)

 でも、『この家の主』と言う表現なら、間違ってはいないと思うよ♪」

「え?旦那さんじゃナイの…?えぇーっと…」

 ひょっとして、僕、厄介な三角関係の家庭を、選んじゃったのかなぁ…

 不倫をするような男のヒトには、見えないんだけど…。


 ハイミーが、待ち構えたかのように、フォローを入れてくれた。

「ねむりあとかの『謎の文明』では、下の世界の『結婚』の概念は、ナイんだよぉ(笑)

 彼女たちは、仲良く、1人の魅力的な男性を、シェアし合っているのさぁ♪

 嫉妬とか独占欲とか、そういう醜い感情も、ココの人たちは、持たないよ♪」

「えー!そうなんだ!?

 恋愛のことは、僕にはまだよくワカンナイけどさ、嫉妬とか独占欲とかがメチャクチャ厄介なコトってぐらいは、知ってるからなぁ…

 そういう感情を、克服しちゃってるってことでしょう?スゴい人たちなんだね!!」

「イヒヒヒ!

 この家庭に限らず、『謎の文明』の人たちは、最初から、嫉妬や独占欲のような感情を、感じないんだよ♪」

「どういうこと??」

「嫉妬や独占欲ってモノは、『恋愛は一対一で在るべきだ』という前提があるからこそ、芽生えてしまう感情なのさぁ。

 最初から、『複数の異性が、複数の異性をシェアし合うモノだ』っていう価値観で暮らしていれば、嫉妬も独占欲も、感じないモノなのさぁ。」

「…そういうモンなの?」


 男の人が、説明してくれた。

「下の世界でも、ココと似たような恋愛観を持っている地域が、あるんだよ?」

「あ!ターバン巻いてる人たちのこと!?

 以前、父さんに、『奥さんが大勢居る人たち』の話、聞いたことあるよ!」

「そうだね♪

 ターバンを巻いているとは限らないけれど、イスラム教地域の人たちは、『一夫多妻制』の価値観を、持っているよ。

 …一夫多妻制っていうのは、1人の旦那さんに対して、何人かの奥さんが一緒に暮らす仕組みのことだね。」


 最初に出迎えてくれた女性が、口を挟んだ。

「まず、座って落ち着いたらどうかしら(笑)

 お腹は、空いていますか?

 軽食でも夕食でも、どちらでも出せるけれど…。」

「あ、ありがとう!

 お腹はあんまり空いてナイけど、暖かい飲み物がもらえたら、うれしいなぁ。」

「チャイでイイかしら?」

「チャイって??」

「その、『ターバン巻いてる人たち』が好きな、ミルクティーみたいな飲み物のことだよ♪」

 ハイミーが説明してくれた。

「それ!お願いします!!」

 僕らは、座卓に腰を下ろして、くつろぎながら話を続けた。


 家の中は、とてもシンプルだった。

 家自体は、石を積み重ねて、しっくいで固めて、組み立てたモノだった。内側から見ても、石壁はむき出しだった。原始時代にタイムスリップしたみたいなキブンになった。

 けど、部屋の中には、ウチにあるのとよく似たような、テレビが置いてあった!!

 原始生活とハイテク生活が、ごちゃまぜになったようなカンジだよ。

 僕は、この感覚が割りと気に入った♪憧れの、「ツリーハウスの秘密基地」に、暮らしてるようなキブンになれるからさ♪

 壁には、子どもたちが描いたであろう絵が、何枚も貼られていた。

 彼らがどんな生活を送っているのか、ものすごく、ものすごく、興味を惹かれた!!

 1ヵ月くらい、暮らしてみたいと思った。

 子どもたちとも、たくさんしゃべってみたいと思ったし、たくさん遊んでみたいと思った!!


 中でも、『結婚しないで、複数の男女が同居する価値観』には、一番ビックリした!

 以前、父さんから、『奥さんが大勢居る人たち』の話を聞いたときは、どこか他人事のようなカンジがしちゃってた。自分には関係のナイことだと思ったし、野蛮な人たちなんだと、感じちゃってた。

 でも、この男性は、野蛮どころか、とても成熟した人間だよ!

 「アセンションを達成する」ってこういうことなんだと、解った。とてもアタマがイイ人だったけれど、それをひけらかすようなトコロもなければ、リクツっぽいところも、なかった。

 この2人の女性たちが、この男性を2人でシェアしてでも同居したがるキモチは、わかるような気がした。

 彼のようなヒトが先生だったら、学校はとても面白いだろうと、思った!!

 …案の定、彼は、この集落で学校の先生をやっていた。


 彼から教わった話を、ぜーんぶキミに話して聞かせるなら、図鑑が1冊、書けそうなくらいだった(笑)

 いつか、それも書いてみたい気もするけれど、今回は割愛することにしておくよ。

 彼は、急な来客である僕のために、夜中まで付き合ってくれた。

 この家に、時計というモノは存在しなかったけれど、夜中の3時くらいまで、話し込んだと思う。

 他の家族たちは、それより3時間くらい早く、床に就いていた。みんな1つの部屋で、川の字のようなカタチで眠っていた。


 彼は、夕飯の準備は女性に任せっきりだったけれど、女性たちが眠ってしまった後には、僕に夜食を作って、ごちそうしてくれた。

 「げっとう」という植物をふんだんに使った、ラザニアのような料理だった。とても、美味しかった♪

 …美味しいだけじゃ無かった!!

 彼のラザニアを食べると、僕の両手が、モワモワ、ポカポカした!!

「げっとうは、強いエネルギーを持った万能植物なんだよ♪」と、彼が教えてくれた。


 …正直、夜中の3時になっても、僕は別に、眠くなかった(笑)

 まだまだ、話し込んでいたかった。それくらい、彼の話は興味深かった。

 そして、「例え話」の使い方が、ものすごくものすごく上手だった!僕も、彼のように言葉を操れる人間になりたいと、思ったんだ。


 眠るとき、僕は、みんなとは別に、居間で眠るんだと思ってた。

 けれど、彼は、初対面である僕もまた、みんなの眠ってる寝室に通してくれた。

 …それが当然であるかのようだった。


 寝室に入って、もっと驚いた!!みんな、素っ裸で眠ってたんだ!!

 子どもたちだけじゃなく、大人の女性たちもだよ!?

 僕は恥ずかしくて、…でも裸を凝視したくて、困っちゃった(笑)

 彼は、僕の動揺に気付いて、クスクス笑った!

 小さな声で、

「好きなだけ、見たい場所を見ればいいよ。

 なんなら、オナニーもすればイイよ♪」

 と、ホンキで、でもとても上品に、ささやいた。

 僕はお言葉に甘えて、2人の裸をマジマジと眺めた。

 …タオルケットが、ちょっとジャマだった(笑)

 おちんちんがビンビンうずいた!!

 ハートがドキドキした!!

 ものすごい、うれしかった!!

 ものすごい、ハッピーだった!!

 けれど、オナニーっていうのはまだ知らなかったから、ひとしきり観察したら、タオルケットを被って眠ってしまった。


『イーストエンドは西の果て』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page