top of page

28 笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!笑顔…!!! 『世界一大きなおもちゃばこ』

28 笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!笑顔…!!!

「るなちゃん、

 おたんじょうび、おめでとーーう!!!」

!!??」


るなをお出むかえしてくれたのは、

笑顔!笑顔!笑顔!笑顔!笑顔…!!!


…そうなの。

今日、7月31日は、るなのおたんじょう日なのだけど…


るなは、

急に、ペタンとしゃがみこんで、泣き出しちゃった…!!!

ぐすん、ぐすん…。


「るなちゃん、どしたのー!?」

みんなが、声をそろえて、るなの心配してる…。

「ホラ見ろ!

 女の子は、クラッカーでサプライズやっちゃうと、

 こわすぎちゃうんだよ!あーあ、かわいそうー!!」

「ううん。…ヒック。ちがうの。

 みんなの、…ヒック、優しい笑顔を見たら、安心しちゃって…」

「そうなのよー!

 るなったら、とんでもない大冒険をして、沖縄まで、来たのよー!!!

 あとでみんなも、ゆっくり聞かせてもらってね♪

 さぁさぁ、るな?

 まず、中に入って、くつろいじゃおうね♪」



部屋は、畳が20まい分の広さだったよ。教室よりは、せまいなぁ。

その部屋の中が、

色とりどりのおり紙で、かざりつけされてあったの。

…ぜーんぶ、るな1人のために…??


部屋のおくには、

長テーブルが、足をたたんだまま、置いてあったの。

その上には、ごちそうが、いーーっぱい!!


るなは、「おたんじょう席」に、ざぶとん付きで、着席!

なんか、恥ずかしいなぁ。

「ほらほら、足はくずして?

 正座なんて、しなくていいのよー?」

のもこが言ってくれたから、おねえさん座りで、ぺたんと座ったよ。

「コーラと、オレンジジュースと、麦茶と、どれがいい?」

るなは、麦茶が良かったから、それを指さした。

「あらー?お子様なのに、たんじょう日なのに、麦茶なんだー(笑)」

るなは、甘すぎるジュースは、あんまりスキじゃないの。

コーラはスキだけど、ちょびっとでイイんだぁ。


他のみんなも、席について、ごちそうを食べはじめたよ。


「ねぇ?

 みんな、お勉強、しなくていいの??」

おとなりに座ってくれてるのもこに、たずねた。

「あはははー!

 コレが、今日のみんなの、『お勉強』なんだよー♪」

「えー!?

 ごちそう食べる、お勉強!?」

「るなの、『ビックリ・バースデー』を企画する、お勉強♪」

 この部屋のかざりつけも、ごちそうも、

 みーんな、

 この子たちが、自分で考えて、やってくれたんだよ♪」

「えー!!?」ビックリ…!!!

かざりつけはまだしも、

ごちそうは、大人のヒトが、作ったのかと思った…!!


よくよく、ごちそうをながめてみると、

おにぎりの形が、少しイビツだったり、

のりで描いたニコニコ顔が、少し曲がったり、してた。

きゅうりの大きさや形も、けっこうバラバラだぁ。

…でも、おいしかった…!!!


『世界一大きなおもちゃばこ』

最新記事

すべて表示

小説の書き方は?

「どのように小説を書いているのか?」というご質問を複数いただいたので、まとめて書いてみたいと思います。 率直に言って、あまり他者さんの参考にはならないと思います^^; 独学。小説について何も学んでいないです。 まず、私にとって小説・ライトノベルは、まったくの独学です。何のスクールも講座も、ハウツー本すらも読んでいないです。 とはいえ、情報サイトの記事を書くためのハウツー本は少し読んでいます。また、

小説『トランク1つで生きていく』もくじ

小説『トランク1つで生きていく』のもくじのページです。 ここを基点に読んでいってください^^ 『トランク1つで生きていく』まえがき エピソード1 『トランク1つで生きていく』 エピソード2 『トランク1つで生きていく』 エピソード3 『トランク1つで生きていく』 エピソード4 『トランク1つで生きていく』 エピソード5 『トランク1つで生きていく』 エピソード6 『トランク1つで生きていく』 エピ

エピソード5 『かのんのノクターン』

エピソード5 かのんの実力は、学校の中では並だった。 しかし、その無垢さ従順さは、生徒たちの中でも際立った。 そのような「人柄部分」を気に入った、ジャズ理論の教師が、 かのんに、ちょっとした仕事を回すことになった。 府中の児童福祉施設で、ピアノ・リサイタルをすることになったのだ。 それは、館長の還暦を祝うパーティの、余興だった。 かのんにとって、初めての「仕事」であり、 無関係な人々の前での演奏だ

Comments


bottom of page