top of page

32 「冒険」ってのはさぁ

32 「冒険」ってのはさぁ


「…へぇー!

 ずいぶんと、大冒険だったんだねぇ♪

 僕、そういうの、大好きだよ♪」

「え!?」

私は、ドキっとしてしまった!!

「『自分の限界にチャレンジする』ってこともそうだし、

 『過保護に育った女の子が、一人で冒険に出る』ってのも、そうだし…

 そういうエピソードが大好きだし、

 そういう子は、応援したくなるねー!」

…そうだそうだ!

彼は別に、ゆきこのことを好きだと言ったのではなく、

「ゆきこが今日取ったようなアクション」のことを、好きだと言ったのだ(笑)


彼は、続けた。

(…ここからの言葉は、私に、非常に強い印象を植え付け、突き抜け、

 今でも、一字一句違わぬくらい、鮮明に思い出せる…)

「『冒険』ってのはさぁ、

 別に、アマゾンの奥地とかに行ったりしなくても、

 日常の中で、出来るモンなんだよ。

 たとえばさ?

 幼稚園生の女の子が、近所のスーパーに買い物に行くのも、

 ママと一緒に行っちゃうなら、『ただの日常』に過ぎないんだけど、

 お金だけ預かって一人で行くなら、『冒険』なんだよね!

 横断歩道渡るのにもさ?

 いつもはママが、『押しボタン』を押してくれちゃってたけど、

 今日はママが居ないもんだから、信号がいっこうに変わらない…

 大人なら、すぐに『あ、ボタン押さなきゃ』って解るけど、

 幼稚園生の女の子にとっては、『難題』だよね!

 それに、信号が変わらないまま3分も立ち尽くすなら、

 幼稚園生にとっては、

 『絶望的に長い時間』に、感じちゃうと思うよ。

 つまり、

 ある人たちにとっての『日常』も、

 また、違う人たちにとっては『冒険』になっちゃうし、

 『大いなるチャレンジ』に、なり得るんだよね♪


 本当は、誰しも、

 子どもの頃から、段階を踏んで、

 日常生活の中で、

 少しずつ、難しい『冒険』に『チャレンジ』するべきなんだけど、

 一人っ子ちゃんたちとか最近の子たちは、親や社会が過保護すぎるから、

 ほんの小さな『冒険』にすら、『チャレンジ』しないまま、

 大人になっちゃう…。

 すると、

 キミみたいに、『旅の恥はかき捨て』の典型みたいな事態に、

 陥っちゃうんだよね(笑)

 もしキミが、

 子どもの頃から少しずつ、『冒険』に『チャレンジ』してたなら、

 今日のこの数時間は、

 もっとずーっと、ラクなものになったよね♪


 『冒険』っていうのはさぁ、

 自分の限界を突破していく上で、とっても大切なんだけどさぁ?

 かと言って、

 さっきも言ったけど、アマゾン川とか、必要ナイんだよ(笑)

 海外放浪出来るお金や時間が巡ってくるまで待ってる必要なんか、

 ナイんだよね(笑)

 たとえば、

 小学生の子なら、一人で電車で、田舎のおばあちゃん家に行くとかさ?

 中学生の子なら、大震災の被災地に、ボランティアしに行くとかさ?

 高校生なら、キミみたいに、一人で沖縄に飛んでみるとかさ?

 そういう、

 地に足の着いた、『等身大の冒険』を踏んでいくコトが、大切なんだよね♪

 みんな、

 上ばっかり見上げ過ぎてて、高望みし過ぎてるから、

 結局、

 『ほんの小さな冒険』すら出来ないまんまで、大人になっちゃう(笑)

 それで、『人生がつまらない』って嘆いてる。


 …わかる?

 『冒険』ってコトバは、

 辺境の地を旅するようなイミじゃぁ、ナイんだよ。

 『自分の限界にチャレンジすること』は、

 ぜーんぶ、『冒険』だよ♪

 だから、

 受験生が志望校のレベルを引き上げて大胆に挑むのも、『冒険』。

 専業主婦しかしたことナイ人が、パートの仕事に出てみるのも、『冒険』。

 …そういうのを積み重ねて、

 日本の日常環境にシゲキを感じなくなっちゃった人だけが、

 アフリカとか東南アジアとか『危ない!』って言われてるような場所を、

 旅してみたりすりゃ、イイんだよ♪


 ちなみに、

 一般大衆の『冒険』の難易度が低下しちゃってるのは、

 映画とかテレビゲームとかにも、反映されてるよね。

 一昔前は、

 映画もゲームも、ハデなものが多かったよ。

 でも最近は、

 小人がフツウの家の中を探検するような、

 スケールの小さいモノが、多いでしょ?

 ゲームもそうだよ。

 今の若い子たちには、

 『十代の勇者が、世界の裏側まで旅に出て…』なんてのは、

 絵空事すぎて、リアリティが無い…

 だから、『箱庭系』のゲームみたいのが、流行するんだね。

 んで、ソレ系のゲームだと、

 主人公がする『冒険』と言ったら、

 『カラスに取られちゃった帽子を、取り返しにいく』とか、

 そんな日常生活的なモンばっかりだよね。


 若い子たちがもっと『冒険』してくれりゃ、

 面白い世の中が作れるんだけどなぁー!」



『星砂の招待状 -True Love-』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page