top of page

37 それが、当たり前じゃん♪ 『世界一大きなおもちゃばこ』

37 それが、当たり前じゃん♪

おフロ場の場所を教えてもらうために、

のもこといっしょに1階に下りていこうとすると、

2人の男の子が、

ビショビショのTシャツを、むささびみたいにはためかせながら、

ろうかを走ってたの。

「水浴びごっこでも、してたのかなぁ?」

「ちがうよー!お洗たくしたから、お部屋に干すつもりなんだよ♪」

「お洗たく?自分でするのー??」

「…自分でしないで、誰がするのー??」

「のもこたちが、してくれるのかと、思ったぁ…」

「アハハハハ!

 ワタシたち大人は、『予備』みたいなモンなんだよー♪

 きほん的に、子どもたちは、

 自分たちのことは、自分でこなすのさー♪

 洗たくは、基本的に、

 みーんな、自分でやってるねぇ。

 幼稚園生のコも、自分でやってるよ?」

「そんなに何回も、洗たく機まわすの??」

「あははは!ちがうよー♪

 みーんな、おフロ場で、手洗いするんだよ♪

 沖縄はあったかいから、

 たいていみんな、Tシャツとパンツだけしか洗い物がなくて、

 時々、ズボンが加わるくらいだもん。

 それくらいなら、毎日だって、自分で洗えるよー♪

 …くつ下が加わると、何気に、メンドいんだけどねぇ(笑)

 ココで健康的な生活を続けてると、

 くつ下はかなくても、へっちゃらになっちゃうのさー♪

 冬でもみんな、くつ下はかないんだよー?」

「そうなんだー!!」


「だから、

 病気になっちゃったときとか、

 夕飯食べてすぐに、グースカ寝ちゃった時とかだけ、

 大人が手を貸すくらいかなー。

 …そういう時も、

 たいてい、他の子が、代わりにやってあげてるよ♪」

「みんな、優しいんだ!!!」

「…『優しい』っていうか、

 『それが、当たり前じゃん♪』って思ってるみたいよ♪

 …ココに来た当初は、そうは思ってないコでも、

 みんなと生活してるうちに、そう思うように、なっちゃうよ♪」


スゴい!スゴい!スゴい!

ココのヒトたちは、子どもでも、るなのママみたい!!!


『世界一大きなおもちゃばこ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page