top of page

46 洗濯物事情

46 洗濯物事情

 食後に僕が直面したのは、

「衣服についてのアレコレ」だった!


 まず、さっきのドシャ降りのせいで、衣服という衣服が湿ってしまったから、

リュックから取り出して、乾かす必要があった。

 そして何より、

今日着ていた上下は、汗やなんかでグチャグチャで、

洗濯せずには、いられなかった。


 このゲストハウスでは、

ランドリー・サービスも有料で請け負っていたけれど、

仕上がりが明日の昼過ぎだと言うので、

早朝に出発する予定の僕には、時間が足りなかった…


バックパッカーたちは、

宿や、近所の旅人用ランドリー・サービスを使ったり、

自分で、宿備え付けの洗濯機や洗面所で手洗いすることで、

やりくりしているんだよ。



 日本人の旅人は、

お国柄的に、清潔志向なヒトが、多い。

 だから、旅の初心者の頃は、

毎日律儀に、Tシャツやパンツを変え、洗濯するだろうなぁ。

 …けれど、旅を続けていくううちに、

「毎日洗濯して、乾かして、取り込んで…」という作業が、

メンドウになってくるし、日程的にムリになってきちゃう…


 そんで、仕方ナシに、

同じTシャツやパンツを、2日続けて着ることになったり、する。

すると、

「2~3日くらいなら、汚れや臭いも大して気にならず、着倒せる」

という事実に、気付いちゃう(笑)

 そうして、

段々と、洗濯の頻度が減ってくだろうなぁ。



バックパッカーたちは、たいてい、リュックの中に、

洗濯洗剤の粉や、部屋干しのためのロープなんかを、携帯しているよ。

だから、

ランドリー・サービスが無かったり、利用出来ない環境が続くなら、

自分で洗面所で洗って、絞って、干して…まかなっちゃうのさ♪


『永遠の楽園』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page