top of page

50 ブロロロロン…

50 ブロロロロン…


私は、ついでに、

おばぁに質問事をした。

「お昼ご飯を食べられる場所って、島にもありますか?

 商店でパンでも買うしか、ありませんか?」

「何さね?おじょうちゃん、

 船着場で地図、もらってこんかったんか?」

おばぁはそう言うと、

この宿が独自に作ったという島地図のコピーを、手渡してくれた。


私は、質問を続けた。

「…あと、あの、

 星砂が拾える浜って、どこですか?」

「星砂かねぇー!

 最近は、どうなってんだろうなぁ。

 『カイジ浜』なら、今でも転がってんだろうけど…」

と言って、

地図の、島の南西辺りにある浜辺を、指差してくれた。

「カイジ浜、行くんかぁ?

 歩きじゃ、ちっと、キツいぞぉ?

 そこらの店で、自転車借りて、行ったらえぇなぁ。」


すると、

三線弾きのお兄さんが、手を止めて、話し出した。

「オレ、今日は自転車使う予定ナイから、貸そうか?」

「えー!イイんですかぁ!?」

「えぇよ。

 一日借りるだけでも、1,000円掛かるからなぁ。

 オレは1週間単位で借りてるから、別に、えぇんよ。

 …夕方には使うかもしれへんけど、

 そんなに長くは、掛からんやろ?」

「はい!掛からないと思います!」

 


私は、お兄さんから小さな鍵を受け取ると、

大事に、お財布に仕舞った。

他にすることも無かったので、

早速、出掛けることにした。


貝殻の屑(くず)で埋め尽くされた、竹富の白い道は、

自転車のタイヤが沈んでしまい、なかなか前に進まなかった。

…コレは、手強いサイクリングになるなぁ(笑)

でも、今の私は、

そんなことでメゲたり屈したりするコでは、なかった!



おばぁにもらった地図を頼りに、

力いっぱい、自転車をこいだ。


今日は、集落にも、人影があった。

私と同じように、自転車で行き来している若者が、多かった。


見晴らし台に登ろうとして苦戦し、キャーキャー騒いでいるコたちを、見かけた。

「軟弱だなぁ」と、他人事のように嘲笑してしまったけれど、

一昨日までの私は、あのコたちと同類だったんだっけ(笑)



10分も走れば、集落を抜けた。

集落を抜けると、

道路は大きくなり、きちんと舗装されていた。

サイクリングは、一気に快適になった♪


私は、心地よい風に遊ばれながら、

しばし、快適なサイクリングを楽しんだ♪



島の外周を巡る、いわゆる環状線道路を走っていると、

「カイジ浜」と書かれた、

ボロボロの、小さな立て札を見つけた。

この島は相変わらず、おとぎ話チックだなぁと思った。

浜へと続く小道は、木のトンネルのようだった。

最初は自転車に乗ったまま走ったけれど、

だんだんと足場が悪くなってきたので、

自転車を押して、歩くことにした。

2~3分も歩くと、視界が開けた…!


「うわーーーーーー!」

絵葉書のような、美しい海だった。

…でも、「真っ白なビーチ」というものでは、なかった。

美しいのは「海」だけで、

砂浜は、半分は浅瀬状になっていて、灰色にくすんでいた…


…うーん…?

私が夢の中で見た景色とは、違うような…

それでも、

星砂を探してみようと思って、奥まで歩こうとした。


ブロロロロン…


「はぁ…」

私は、溜め息を付いた。

私の後でも追ってきたかのように、

ツアー客が、どっと流れ込んできた…

この騒がしい空気(雰囲気)は、

私が思い描いていたものとは、全く、違った…

私は、

ただの一粒も星砂を拾うことなく、

カイジ浜から、退散した。

しばらくは自転車を押し歩き、途中からは自転車に乗り、

舗装された大通りまで、戻ってきた。



「…さて、どうしよっかなー?」

私は大きな声で独り言を言うと、

おばぁにもらった地図を、ポケットから取り出した。

すぐ近くには、

「コンドイビーチ」という浜があるようだった。

「海水浴場の代表だ」と、地図にも添えられている。

そういえば、今朝の井戸端会議でも、

「コンドイビーチが美しい」という話を、

誰かがしきりに、言っていた。

「ちょっと、見てみようかな」と、思った。

…「昔の私」なら、

ここでアッサリ、コンドイビーチに向かっていただろう。

地図にも「海水浴場の代表」と書かれており、

井戸端会議でも「美しいぞ!」と聞かされたのだから。

けれども、「今の私」は、

考え方が少し、違っていた。

これだけ触れ込みの多い場所なのであれば、

どうせまた、あの大きなバスがやってきて、

私のロマンチックな時間を、踏み荒らしてしまうのだ…

それは、つまらなすぎる。



「ヒロさんだったら、こういうとき、どうするだろう?」

と、私は考えてみた。


「彼なら、とにかく、ヒトの多く集まる場所は、避けるハズだ!」

と、思った。



私は、

もう1回、地図を見た。

コンドイビーチのそばには、「西桟橋」というのが書かれている。

ここは、

夕陽の時間になると、島中の観光客が、勢ぞろいするらしい…

「うーん、ココも、違う…」

私はそうつぶやいて、違う浜を探そうとした。


…その瞬間!

私の視界の端を、トロっとした小さな光が、駆け抜けた。

またフシギな神秘現象を体験してしまったが、

大して驚きはしなかった。

それよりも、

「この光は、私への、何らかのサインだ!」

と、直感的に、解った。



何だろう…?



1分考えても、何もピンとこなかった(笑)

私の「おバカ」は、治ってはいなかった(笑)


私は、いったん、

天をあおいで目をつむり、

大きく大きく、深呼吸をした。


…あ、解った…!!



『星砂の招待状 -True Love-』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Commenti


bottom of page