top of page

7 レセプションの活用

7 レセプションの活用

 ロクに眠ってナイはずなんだけど、

朝は割かし、スッキリ起きれたよ♪

 8時頃起きて、ビュッフェで朝食を済ますと、

僕は、チェックアウトして旅立つことにした。


 陸路でカンボジアに突入する方法さえ、僕は、知らなかったから、

昨夜お世話になったレセプションのお兄ちゃんたちに、尋ねてみることにしたんだ。

 …でも、彼らは、

カンボジアに行く方法なんて、知らなかった(笑)

「遠すぎて、知らないよ!」って、笑ってた。


 代わりに、「ジャパニーズ・エンバスィ」の場所を、教えてくれた。

 何のことだか、最初はわかんなかったけど、

「日本領事館」のことなんだよ♪

 キミも、お世話になることがあるかもしんないから、

「ジャパニーズ・エンバスィ」覚えておくとイイよ?


 領事館は、ホテルから、タクシーで15分ほどの場所とのことだった。

 スタッフのお兄ちゃんが、玄関先まで、タクシーを呼んでくれた♪

 僕は彼らに、満面の笑顔で、精一杯のお礼を言って、

タクシーに乗り込んだんだ!



『永遠の楽園』


最新記事

すべて表示

小説の書き方は?

「どのように小説を書いているのか?」というご質問を複数いただいたので、まとめて書いてみたいと思います。 率直に言って、あまり他者さんの参考にはならないと思います^^; 独学。小説について何も学んでいないです。 まず、私にとって小説・ライトノベルは、まったくの独学です。何のスクールも講座も、ハウツー本すらも読んでいないです。 とはいえ、情報サイトの記事を書くためのハウツー本は少し読んでいます。また、

小説『トランク1つで生きていく』もくじ

小説『トランク1つで生きていく』のもくじのページです。 ここを基点に読んでいってください^^ 『トランク1つで生きていく』まえがき エピソード1 『トランク1つで生きていく』 エピソード2 『トランク1つで生きていく』 エピソード3 『トランク1つで生きていく』 エピソード4 『トランク1つで生きていく』 エピソード5 『トランク1つで生きていく』 エピソード6 『トランク1つで生きていく』 エピ

エピソード5 『かのんのノクターン』

エピソード5 かのんの実力は、学校の中では並だった。 しかし、その無垢さ従順さは、生徒たちの中でも際立った。 そのような「人柄部分」を気に入った、ジャズ理論の教師が、 かのんに、ちょっとした仕事を回すことになった。 府中の児童福祉施設で、ピアノ・リサイタルをすることになったのだ。 それは、館長の還暦を祝うパーティの、余興だった。 かのんにとって、初めての「仕事」であり、 無関係な人々の前での演奏だ

Comentarii


bottom of page