top of page

8 やり方 『世界一大きなおもちゃばこ』

8 やり方

でも、ママは、

ワガママで自分勝手だったるなのこと、捨てなかったよ?

それでね、

「るなも、ママみたいに、自分のことを自分で出来る子になろうね♪」

って言って、なーーーんでも、やり方を教えてくれたの!!


小学3年生のるなはもう、

ねん土が上手になったし、

アロママッサージも、パパにやってあげられるし、

英語だって、少しは、話せるよ?

整とんだって、クラスで一番上手だってこと、忘れてないよね??


ぜーんぶ、ぜーんぶ、

ママがるなに教えてくれたんだよ♪


るなが、

「わかんないー!!」ってねん土板ひっくり返したり、

「できないー!!」ってオイルのカップをひっくり返したり、

「読めないー!!」って英語の本やぶいちゃっても、

それでも、ママは、

優しく、しんぼう強く、るなに教えてくれたんだよ♪



それで、るな、

小学3年生になって、やーーーっと、お姉さんになってきたよ♪

泣かなくなったし、おこらなくなったの!!

それに、学級委員にもすいせんされたんだよー!!


るな、

時々、料理も作ってあげちゃうし、

1人で一晩中、おるすばんもできるよ♪



…でもねぇ、るな、ヘンなの。

こわい先生とかパパが、時々どなったりすると、

急に、悪い子になっちゃうんだよ…

「わーーーー!!!!」

って、こわしたり、けっ飛ばしたり、かみついたり、しちゃうの…


3年生の担任の先生も、おこってばっかりの女の人だから、

るな、学校では、あばれてばっかりになっちゃうの…。

お家に帰ると、良い子になるし、

友だちの家でも、良い子なんだよ?

でも、担任の先生とは、ぶつかってばっかり…


だんだん、

るなのこと学級委員にすいせんしてくれた子たちも、

るなのこと、「こわいこわい」って言うようになってきちゃったの…


るな、

先生ともお友だちとも、上手くお話ができなくなっちゃって、

学校に行くのも、イヤになってきちゃった…



ママは、

「るながイヤなら、学校なんて行かなくても、イイんだよ♪」

って言ってくれるんだけど、

パパは、

「ちゃんと学校に行って、良い子にしてなさい!!!」

って言うから、しょんぼり、学校に行ってたんだよ…


『世界一大きなおもちゃばこ』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page