top of page

ReoNaの過去世は?今生の使命や運勢は?


ReoNaの過去世は?今生の使命や運勢は?

ReoNaの過去世は?今生の使命や運勢は?


ReoNaさんの、今生に最も関連性の深い過去世は、

18世紀のラオスでの人生です。

このときも女性でした。

ReoNaさんはこのとき、織物に夢中になる芸術的な女性でした。



ラオスの過去世でのReoNaさんは、仏教信仰の篤い地域で誠実に素朴に暮らしていました。

平和を愛するReoNaさんはその環境が好きでしたが、1つ不満がありました。色がないのです。芸術を愛する魂を持っていたReoNaさんは、東南アジアの素朴な暮らしが寂しく感じました。そこで、日常の中で出来る芸術である織物に、彼女は精を出したのです。

鮮やかな織物を作り、それで美しい服を作り、近所の人たちを喜ばせていました。


今生におけるReoNaさんは、天才的な歌い手でありながらも、美意識の高いオシャレが1つのトレードマークになっていますよね。ファッションに対するこだわりは事務所に仕向けられたものなんかではなく、自分の中から非常に強く湧き起こるものであるはずです。

ReoNaさんは「アイドル」ではなく「アーティスト」でありたいと思っているはずです!



アニソンを中心に、有名な歌を数多く歌っているReoNaさん。

実は、彼女の今生の使命は少しだけ違います。真の使命は「洋楽の名曲をカバーすること」にあります!

ビートルズ、カーペンターズ、エルトンジョン、ビリージョエルといった美しくてナチュラルな、歌詞にも深さのある名曲を好むはずです。こうした美しいポップスの素晴らしさを21世紀の若者たちに届けてあげることが、ReoNaさんの使命です。



日本語のポップスを歌ってはいけないわけではありません。

しかし彼女は、卓越した美意識やアーティスティックな感性を持つため、日本語で歌われた曲に対して「ダサい」といいますか、ちょっと合わないと感じるだろうことを、自分で予測しました。

だから、同じ名曲を届けるにしても「洋楽をカバーする」という方法を選んだのです。

日本語のポップスを歌っていけないわけではありません。



過去世で仏教的環境で育ったReoNaさんは、「富や名声に盲目するなよ!」といった哲学的なメッセージを好むはずです。「誠実に生きるべきだよ」といった美学を持つはずです。

こうした哲学的メッセージを、ポップスに乗せて届けたい!そんな強い思いを抱いているでしょう。


自然愛も強いはずです。日本や東南アジアに見られる木々の緑を愛する心を持っているのではないでしょうか?

大自然の中で歌うミュージックビデオや、自然賛歌の歌詞なども歌いたいのでは?

Comentarios


bottom of page