top of page

エピソード10 『星空のハンモック』

エピソード10

翌朝。

やはりリナちゃんは体調が悪いらしく、麗子さんは車で病院に運ぶことにした。

カツミくんは、今日もう、北のほうへ旅立ってしまうつもりらしい。


お昼、私はカツミくんを見送りがてら、一緒に外食することにした。

カツミくんは昨日、斎場御獄(せーふぁうたき)に行ったとき、

近くのそば屋さんで三線ライブが見られるという情報を仕入れていた。

自転車に乗って、そこに行くことにした。

昼ごはんを食べながら三線のライブを観覧していると、

ライブをしているおじぃが、

「おまえも何か楽器やるんか」とカツミくんに話しかけてきた。

二人は楽しそうに談笑し、意気投合している。


カツミくんは話の弾みで、

「この辺でオススメの観光スポットってありませんか?もう今日が最終日なので」と、

おじぃに尋ねる。

「そんならあれだ、コマカ島は行ったか?無人島さぁ。楽しいぞ。」

「無人島!?いいね!」

半ば社交辞令のようなつもりで尋ねたらしいのだけれど、

返ってきた答えが思いのほか面白かったので、カツミくんはノリノリになった。

もちろん、無人島というのは私も興味があった。


そば屋のほど近くにある海洋レジャーセンターから、

コマカ島行きのフェリーは出ていた。

私たちのほかにも4人ほど、フェリーに乗り込んだ。

フェリーはものの15分ほどで、コマカ島に到着する。


島に近づくにつれ、周囲の海の美しさはさすでにお目見えされる。

サンゴの死骸による黒い影がまばらに見えるけれど、

それを差し引いても鮮やかなターコイズ色がとても美しい。

午後の日差しを照り返して、宝石みたいにキラキラと光っている。


『星空のハンモック』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page