top of page

エピソード31 『トルコで見つけたドラゴンボール』

翌日、目覚めてみると、

多少は動けるようだった。

レンタサイクルを利用して、

ギョレメ近郊の観光スポットを、周ってみることにしたんだ。


ゆるやかな勾配が多くて、

病み上がりの体には、けっこう堪えた!



郊外にある、奇岩博物館に行ってみた。


昔の人々が利用していた洞窟住居が、

そのまま、遺されているんだよ。

すると、「集落遺跡」とも言えるだろうなぁ。

ちょっとしたテーマパークや、映画の撮影所みたいな趣があるよ。


中には洞窟教会なんかもあって、

美しい壁画がまだ遺ってた。



洞窟住居って言ったって、

原始時代の遺跡じゃナイんだよ?

未だに、奇岩をくりぬいて住んでるヒトたちがいるんだもの(笑)

ココも、1,000年くらい昔の集落らしいよ。


奇岩をくりぬいた家々が立ち並ぶ様子は、

やっぱり、おとぎ話みたいな趣があったね♪



カッパドキアって場所は、

とにかく、童心をくすぐるトコロだよ♪

秘密基地とか、宝探しとか、冒険とか、

そういう匂いがぷんぷんするだろうね♪


『トルコで見つけたドラゴンボール』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Kommentare


bottom of page