top of page

エピソード41『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード41


夜は酒場に出て、情報収集に励んだ。なにしろカルベローナのことは何も知らない。

町人たちの話によると、北東の方角には大きな街があるという。まずはそこだろう。目的地の目処は立った。

キキは妖精の女王だとバレていないが、しかし目立った。キキがいなかろうと目立つパーティであるようだった。それもそうだ。子供が4人で歩いているようなものだ。

するとあちこちから声を掛けられ、「何してるんだ?」とか「アメちゃんをやる」だとか、会話に忙しい。

しかし人とのコミュニケーションが好きなななは、それが結構面白いのだった。女一人で男たちから話しかけられるのは怖いが、今は仲間がいる。

ゆなとアミンは、酒臭い男たちの口の中に次から次へと、煎じたミントの葉を突っ込んでいった。


キ「さぁ、出発しんこーぉ♪」

キキが最も、楽しそうであった。

何のために旅しているのか、もはや一行はよくわからなかったが、まぁそれでもよいのだろう。



―オラクルベリー―

2日の野宿を挟んで、一行はカルベローナ領の商業都市オラクルベリーに辿り着いた。

ゆ「うわー、やかましいところねぇ」

トルッカも賑わっていると感じたが、さらに輪をかけて賑わっているのだった。

いや、ななやゆなが暮らしていた街と人口密度は大差ない。しかしドワーフの里ばかり転々としてきた旅の始まりをベースに考えると、オラクルベリーはすさまじい大都会に思えた。


なにしろ商業都市である。世界各地から商人やその他の人々が行き交っているようだった。

人の姿だけでなく、馬車の姿が目についた。遠くから往来するだけでなく、荷物を、商品を運んで旅する者が多いのだ。現代都会に住むななやゆなにとって、馬車というのは新鮮で、そして風情があった。

ゆ「なんか中世ヨーロッパみたいー♪」

ア「そうだな。遠くまで旅するなら、馬車とかあったほうがいいんじゃないのか?」

な「買えるの?馬車って」

キ「そりゃチョコレートを売る店もあれば、馬車を売る店もあるわよ」

ゆ「でも高そう(汗)」

ア「そうなんだよ。平地に魔物があんまり出ないのはありがたいんだけど、するとお金があんまり貯まらないんだよね。寝泊まりするには困らないけど、次に立派な武器を買えるのはいつだ?ってカンジ」

な「ポワン様に武器もらえてよかったねぇ」

ゆ「あの報酬って、想像以上に価値があったのかも!」

ア「どうする?どっか森や洞窟を探しにいく?」


キ「ちょっと待って!

 あなたたちは、この旅で何がしたいの?

 魔物をいっぱいやっつけたいの?

 ムキムキに強くなりたいの?

 それとも色んな世界を見たいの?」

な「戦うことに、あんまり興味ないなぁ(汗)」

ゆ「成長したいって思いはあるけど、ムキムキになりたいわけじゃないわ」

ア「僕は、世界を色々見たいんだ!」

キ「じゃぁ無暗に戦う必要もないわね。

 お金を稼ぐ方法なら、魔物退治だけじゃないんじゃない?」

な「え、他にもあるの?」

キ「これだけ人がいて店があるなら、なおさら、ね♪」

ゆ「そうか、この国にだってアルバイトがあるはず!」

まずは色々と、偵察が必要だ。一行はそう感じた。

にぎわう街をキョロキョロと歩く。生活雑貨から舶来調度品まで、様々なものが売られ、それを物色する人々がいる。見たこともない食べ物の露店があり、嗅いだことのない匂いが漂う。良い匂いばかりではない。しかしそれが「旅の匂い」なのかな、とも感じるのだった。

街のはずれには、なんと馬車を売る店もあった。値段を偵察してみると、5000ゴールド程度であるようだった。馬も付いてくる。

稼げない額ではなさそうだぞ!一行は俄然興味が湧いた。


ゆ「ななはバイトしたことあるんだっけ?」

な「ないよぉまだ中3だもん!

 だからちょっとドキドキしちゃうなぁ。怒られたりしないかなぁ?」

キ「だったら、やってみたかったお仕事を選ぶのがイイんじゃない♪」

な「やってみたかったお仕事かぁ・・・

 キキちゃんみたいにスイーツ作りしたいなぁ♪」

キ「そう!そういうふうに選んだらいいわ♪」

ゆ「私はどうしようかなぁ~」


街を歩いていると、どうも飾り付けをした店や通りが多い。

年越しを祝う祝日の期間なのだと、街の人が言っていた。だからいつも以上に人通りが増え、そして浮かれているのだ。

な「わたしたちの国で言う、クリスマスやお正月かぁ。

 みんなが休んでるときに働くなんて、なんかミジメな気もするなぁ(涙)」

キ「そう?私は真逆の考え方するけど♪」

な「え?」

キ「みんなが休むホリデーって、お給料が上がったりするのよね!

 その間に働いたらお得じゃない♪」

な「そっかぁー!」

人手不足になりがちだから、勝手のわからぬ異国人だって雇ってくれるかもしれない。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page