top of page

エピソード8 『ギャル進化論』

エピソード8

私は、

マイクロ一眼を持つようになってから、

ケータイ写真を撮るときの切り口も、変わってきた。



ギャルだった頃の私は、

とにかく、人物ばっかり、撮っていた。

コンデジを買ってもらったときも、

人物ばっかり、撮っていた。

同じような写真ばかり、懲りずに撮っていた。

「タッチでお化粧機能」

みたいなのに、夢中になっていた(笑)



時々、観光名所などに行くと、

やっぱり、人が写るスナップ写真ばかり、撮っていた。

雷門を撮るなら、雷門の前に、私か友人が写っていた。

それか、

雷門の全景が、きっちり収まるような、平凡な写真ばかり。

それで満足だったし、

それ以外の発想が、アタマに無かった。



けれど、

マイクロ一眼を持つようになってから、切り口が変わった。

まず、ギャル仲間のピース写真など、さっぱり興味がなくなった。

もう、それはお腹いっぱいだった。



観光名所に行っても、

全景がきっちり収まるような写真は、1枚か2枚で、終了。

それが済んだら、あっちこっちに近づいてみるようになった。

たとえば、

ファインダーを覗いたまま、巨大ちょうちんに近づいてみる。

ちょうちんばっかり、色んなアングルから、撮ってみる。

デジカメのデータなんて、すぐに削除できるから、

失敗も気にせず、バシバシ撮る。

そのうち、

朱色のじゃばらの部分が、どアップになったような画に、行き着く。

第三者が見たら、

これが何なのか、さっぱり見当が付かないような…



でも、そういう写真こそが、「アート」だったりする!


私は、美しい写真を撮ろうとするよりも、

わけのわからないアングルを、バシバシ切り取るようになった。


…そういう写真を撮ってるうちに、

結果的に、美しい写真も、撮れている。

でも、王道的な美しさというよりも、

おくゆかしい美しさというか、なんというか…

とにかく、「アートなカンジ」になった。


『ギャル進化論』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page