top of page

エピソード8 『ミシェル2 -世界の果て-』

エピソード8

それからというもの、私は頭がぼーっとしちゃうの。

クロワッサンが幾つか数えられないし、お釣りがいくらか数えられないわ。

そんなの誰よりも得意なはずだったのに。

本を読んでも、ぜんぜん頭に入らないの。

そうよ。ポストカードのことばっかり考えちゃうの。

ううん、違うわ。彼のことばっかり考えちゃうの。


…これが、恋なの!?



ううん。違うわ。

恋なんて、仕事に夢中になっていれば忘れていられるものよ。みんなそう言ってる。

これは恋じゃないの。

いいえ、恋よ。強がってもしょうがないわ。

私、彼のことが気になってる。私みたいな考えしてる、彼のこと。レオのこと。

恋なんだけど、ただの恋じゃないのよ。特別な恋。


「運命の人」なんだわ。やっぱり。



私はまた、ウィリアムスさんに相談しようと思ったんだけど、

リリルが止めるの。「ダメ」って。「人には相談しないほうがいい」って。

「他人に恋の相談をしても、月並みで無難な答えしかかえってこないものなのよ。

 恋の相談を他人にする人は、その時点で死んでしまうの。

 死んだのと同じような、カラッポの人生になっちゃうの。

 …ウィリアムスさんの場合、普通じゃないから気の利いたアドバイスをくれるだろうけど、

 でもウィリアムスさんに頼り過ぎないほうがいいわ。」って。リリルは言うの。

「じゃぁ、リリルが助けてくれる?」って聞いたら、それもダメって言うの。

普段はこういうとき、妖精たちが助けるものだけど、

ミシェルの場合はダメだっていうのよ。「自分で考えなさい」って。


どうしよう…。


『ミシェル2 -世界の果て-』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page