top of page

セックスの上手い男性って、どんな人?



セックスの上手い男性って、どんな人?

当サイトの人気記事ランキングで常に上位にあり続けているのが、「体の相性・セックスの相性」の記事です。

セックスの相性が気になっている女性はとても多いようですね。

「セックスの良い男性と恋愛したい」皆そう願っているようですが、でも「セックスが上手い男性」ってどんな人のことでしょうか?

 

 

愛撫が激しいだけでは「セックスが上手い」とは言えない。

女性たちは意外と、遊んでいそうな男性が好きなようです。

それは、遊んでいそうな男性がセックス経験豊富だからでしょう。積極的にセックスをしてくれるし、積極的に愛撫をしてくれるので、それがうれしいようです。

でも、それでも、「何か物足りない・・・」と感じているわけですよね。

 

たしかに、ぜんぜん愛撫をしてくれない、セックスの知識もスキルもない男性と抱き合うよりは、たくさん愛撫をしてくれる男性とのセックスのほうが、満足度は高いでしょう。

かといって、愛撫が盛んならそれで良い、というわけでもないんですよね。

 

セックスにおいて最も重要なのは、「いたわり」です。

いたわりの表現の1つとして愛撫があるにすぎず、愛撫にいたわりの気持ちが薄いなら、セックスの満足度は上がりません。

 

多くの男性は懸命に愛撫をしますが、それが「いたわり」に満ちているかというと・・・?そうでもないんですよね。

男性は、女性の体に触ることそのものに興奮を覚えるので、つまり自分のために懸命に愛撫をすることも多いです。おっぱいを触るのが気持ちいいから触るのであって、相手を喜ばせるためにおっぱいをさわっているわけでない、といった感じです。

また、アダルトビデオなどの影響で、とにかく激しく愛撫をすれば相手女性は喜ぶと思っている男性が多いです。女性は、身体が敏感でさえあれば、確かに激しい愛撫を受けるとそれだけ激しく官能します。

でも大声で喘いでいるからそれで気持ちよいのかというと、そうでもないこともありますよね。官能半分、叫び声半分、ということもあります。

「愛撫されすぎると苦しいことがある」という女性の心理を、わかっていない男性は多いです。

 

また、激しい愛撫をされてその時は満足度が高くても、性器など肌が摩擦されすぎて、後になってヒリヒリと、ズキズキと痛みだしてしまうことがありますよね。炎症を起こしたり、血が出てしまうこともあります。

愛撫しすぎるとこういう問題もあるのですが、それもわかっていない男性が多いです。

「たくさん愛撫をすればよい」というものではないんですね。

 

 

いたわりとは、相手のニーズに応じること。

では、セックスにおける「いたわり」とはどんなことなのでしょうか?

それは、「相手のニーズに応じること」です。

剛と柔を臨機応変に使い分け、相手の気持ちやニーズを尊重することが、「いたわり」です。

 

たしかに女性の多くは、淡白なセックスでは物足りないと感じていて、長時間愛撫されたい、長時間律動されたい、という願いを抱いています。

しかし、そうでないときもあります。

あまり乳房を触られたくないときもありますし、あまり何度もイキたくないときもあります。

それは個人差があり、日によっても違うものです。

そのため、いつも相手のニーズに耳を傾けようと配慮することが、真の「いたわり」です。

激しい愛撫一辺倒ではなく、いつも相手女性のニーズに応えてあげようとする男性が、本当の意味で「セックスの上手い男性」です。

そのためにはある程度経験豊富である必要があり、激しい愛撫も経験している必要がありますが、いつでも自分の主観で激しい愛撫・激しいセックスばかりする男性が、「セックスの上手い男性」というわけではないんですね。

愛撫や律動を盛んにしないときがあるとしても、それが自分の都合に基づく気まぐれなのであれば、それも「いたわりではない」ですし、「セックスが上手いとは言えない」のです。

 

 

セックスで大切なのは、相手のニーズに応えることであり、相手を幸せな気持ちにしてあげることだと思います。

あなたの彼、「あなたのニーズ」に応えてくれていますか?あなたを「幸せな気持ち」にしてくれていますか?

「そうでもないな」と感じるなら、彼氏やセックスパートナ―を変えたほうがよいでしょう。

 

男性はベッドの中で、「優しく柔らかい」ことが最も重要です。


Kommentare


bottom of page