top of page

恋愛はなぜうまくいかないのか?なぜ男運が悪いのか?

「恋愛が上手くいかない」「男運が悪い」と悩んでいる人はとても多いことでしょう。

交際に至ることのできるモテる人でも、交際の内容があまり上手くいかず、悩んでしまいます。

恋愛はなぜ、上手くいかないのでしょうか?



まず、快楽に吊られて不誠実な男性を選んだならうまくいかないのは当然。

まず最初に、このシンプルな原理は理解すべきです。

「おごってくれるから」「プレゼントをくれるから」「裕福だから」そんな動機で男性を選ぶなら、その恋愛はうまくいかなくて当然なのです。

金品をアピールする男性は「ずるい人」です。あなたに優しそうに見えますが、自分の欲望を叶えるために戦略を駆使しているだけです。根は不誠実なので、距離が近くなればなるほど彼の嫌な部分が露呈しますし、彼の嘘や荒々しさにヘキエキさせられます。

イケメンにも不誠実な人が多いです。モテるので、調子に乗っていて自分勝手なのです。



誠実な男性を選んでも上手くいかないのはなぜ?

金品に誘惑されず、誠実な男性を選んでいるのに、それでも恋愛はなかなかうまくいかないものです。なぜなのでしょうか?


彼の優しさがアダとなってしまう。

誠実な男性は、恋愛に対しても優しく思いやりがあります。しかし女性の多くは、彼の優しさに甘えすぎてしまう傾向があります。「僕が養ってあげるよ。君は家でのんびりしていていいよ」という環境を与えられると、女性はどうしても怠けてしまい、太って容姿は醜くなってしまい、性格もゆがんできます。すると彼は、「出会った頃の彼女とは変わってしまったな。もう尽くす価値もないな」と感じます。彼はそっけなくなっていまったり、フラれてしまったりするのです。


優しくされると、刺激を求めたくなる悪循環・・・

彼氏に優しくされ、尽くされても、幸せを感じられない女性は多いものです。

いわゆる「安定」の中で、ドキドキが無くて物足りなくなってしまうのです。そして、彼が与えてくれている優しさとは違うものをねだって彼を傷つけて(怒らせて)しまったりします。

さらには、刺激を他の男性に求めるようになることも多いです。今の彼とは違うツンデレな男性に恋をしてしまったり、芸能人を追いかけたくなってしまったりします。その気持ちの反れが今の恋愛を壊してしまいますし、新しいその危険な恋は、アクシデントを生みがちです。

女性は、愛されるよりも、自分が好意・トキメキを感じる男性と恋愛をしているほうが幸せを感じられます。


誠実で優秀な男性の愛情が理解できない・・・

誠実で、かつ頭の良い冷静な男性は、非常に広い視野であなたのことを見ています。

彼は、あなたを甘やかしても良い結果にならないことを理解しています。「養っても彼女が堕落するだけだ」「ごちそうを与えても美貌が衰えるだけだ」といったことを理解しているのです。そのため、2人が健全に愛し合っていけるように、「君も働いたほうが良いんじゃない?」「倹約しようよ」「質素なものを食べようよ」などと言ったりします。

これらは愛情に基づいているのですが、女性の多くは欲深いので、その愛情が理解できないのです。「彼はケチだ」「彼は私を愛してくれていない」と感じて、機嫌を損ねたり、彼を振ってしまいます。そうして、素晴らしい相手・素晴らしい恋愛を自ら捨ててしまうのです。日本人女性にはこういう人がとても多いです。



良い恋愛をするには?

では、良い恋愛はするにはどうしたらよいのでしょうか?


自立的になり、精神的に大人になろう。

結局、女性自身が自立的になり、精神的に大人になるしかないのです。

彼氏に対して、高級な料理やプレゼントを求めなくなったら、彼が「倹約しよう」と言ってもそこに不快を感じなくなります。

自分で働き、何でも自分でやろうとするなら、彼を困らせないのでケンカや仲たがいが減ります。

「彼に〇〇をしてもらいたい」といった依存心を手放せば手放すほど、恋愛は上手くいくようになるのです。


感性で男性を選ぶようになる。おしゃべりするだけで楽しい!

男性に対する依存心が減ると、「感性」で男性を選ぶようになってきます。

趣味や興味の合う男性に惹かれるようになりますし、尊敬できる男性にトキメキを感じるようになります。男性の「優しさ」や「にこやかな笑顔」にトキメキを感じるようになります。

こうした感性で男性を選ぶと、彼となんとなくおしゃべりしているだけでもとても楽しく、幸せな気持ちになれます。デートは家でまったりしているだけでも楽しいですし、メールしているだけでも幸せです。

その恋愛は、とても幸せに満ちます。



「男運が悪い」といつも嘆いていますか?

その要因は、あなたが欲深いから、または怠惰だからではないですか?

Kommentarer


bottom of page