top of page

5 お金をもらいながら勉強する、幸せ者

5 お金をもらいながら勉強する、幸せ者


私の生活は、すっかり雑貨屋中心になってしまった(笑)

授業中もしょっちゅう、ポップのデザインを考えていた。

飾り文字の描き方や、カードをふち取る装飾的なラインなどを、

色んな日常品をマネっこしながら、研究した。


…このプロセスのおかげで、

私はずいぶんと、イラスト的なコトが上達した。

文化祭のクラスTシャツの「AS YOU LIKE」の文字を、

私がレタリングすることになったぐらいだ!

アレは本当に、恥ずかしかった!けど、うれしかった♪



一体私は、

お金をもらいながら、のんびりお絵かきなんぞしていて、

なんて幸せ者だったのだろう!?

私がお金を払ったって、イイくらいだと感じていた。

それくらい、有意義なバイトだった。


もし、私が、

大手スーパーのレジ打ちバイトなんぞを選んでいたら、

こんなにアーティスティックで個性の尊重される業務など、

何年経っても、経験出来なかったことだろう。


以降も私は、

お給料の高さは気にせず、

のんびりしていてアーティスティックな感性の刺激される仕事を、

選び続けている。



『星砂の招待状 -True Love-』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page