top of page

エピソード25 『名もなき町で』

エピソード25

漁村留学のイベントを終えた頃、

キャンプ場イザリーヌにも、ようやくお客さんが訪れた!

当日にイキナリ予約の電話が入ったから、ビックリしたよ。


大阪の若者が4人、道に迷いながら車でやってきた。

迷ったせいもあるんだろうけど、夜の8時にキャンプ場にやってきたって、

やることなんて何もありゃしない(笑)何しに来たんだ??

なんでも、突発的な旅だったらしいよ。

良いセンスしてる。奥田民生の親戚じゃないの?

彼らは、真っ暗な中、外でバーベキューをすると、

僕にも料理をおすそ分けしてくれた。

僕は、従業員というよりも彼らと同じ客のような立場で、

彼らとの談笑を楽しんだ。

こういうラフな付き合いが、ゲストハウスは楽しいんだ♪



翌週にもまた、団体客がやってきた。若者ばかり20人くらい居たかな。

彼らは逆に、明確な目的を持ってた。

敷地内のあのサッカーグラウンドみたいな広場で、手作りライブをやるんだと!

アンプやスピーカーまで持参してきて、ステージもジブンたちで設営してる。

野外フェスを模しているようだけど、100倍くらい貧相だった(笑)

でもさ?

出来合いの野外フェスを観覧するより、100倍くらい楽しそうだったよ♪

手作りってのは何にせよそうだけどさ、

大自然の中で、誰にもジャマされずに音楽イベントを作り上げるのは、

ものすごく面白そうだった。



若いといっても30歳前後のミュージシャンが多いらしく、

すると、妻帯者が多かったりするんだ。

その奥さんたちが、彼らの手作りイベントをしっかり盛り立ててるんだよ!

ステージ設営の間に管理棟のキッチンに押し寄せてきて、

みんなで夢中で、バーベキューの下ごしらえをするんだ。

お米なんかも大量に炊いて、冷めないように広場に運ぶ。

何人かの奥さんは、和室にこもって子守をしてる。乳幼児が3~4人いるからさ。

料理も子守もとても大変だろうけど、

グチりもせずイヤな顔もせず、男たちのために頑張ってる。

そしてライブが始まれば、日焼けを恐れもせずに芝生に座り込んで、

手拍子しながら声援を送る。


案外、美人が多かったりするんだ。

美人なんて、尽くされたがりのワガママ人が多いんだけど、

彼女たちは美人でありながら、夢追いミュージシャンを健気にサポートしてる。

美しく献身的な女性に愛されて、彼らはとても幸せだろうなぁ。

四国には、こうした献身的な女性が多いらしいよ。


『名もなき町で』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comentários


bottom of page