top of page

第11章 のんびり


第11章 のんびり


7日目、イベント終了の鐘を待たずして、二人は宿屋の酒場で収穫を愛で合っていた。

テーブルに種や木の実を並べて数えている。


リ「《ちからの種》が10個に、《すばやさの種》が14個に、《まもりの種》が7個、《いのちの木の実》が10個、そんで《ふしぎな木の実》が8個。まぁまぁの収穫ね。二人で半分こしましょ」

通りすがりの冒険者がそれを見て、「ぷぷっ!コイツら、《女神の果実》が何かもわかってねぇよ」と小声で嘲笑して去っていった。

マ「ムカっ!《女神の果実》だって持ってるもん!」マナはほっぺたを膨らませた。

リ「まぁまぁ。怒らないことよ。挑発に乗らないこと。バカを演じてればイイのよ。

 それが作戦なの。言ったでしょ?」

マ「そうだけどぉ」


二人はともにレベル9。他の冒険者たちは12~13程度であるようだった。しかしパラメータにそん色はないのだ。


《女神の果実》イベントの終了と同時に、新ステージ第2層と、そこに続く《いざないの洞窟》が追加された。冒険者のほとんどは、我先にと第2層を目指して走った。

マ「リオぉ、わたしたちも早く第2層に行こうよぉ♪

 可愛い魔女っ子服あるかも?メルヘンチックなお花畑があるかもよ?」

リ「ううん、急がないわ。アタシたち弱いフリしたいし、実際弱いんだから。

 新しいエリアは何があるかわからないから、ある程度情報が出回ってからのほうがイイと思うの」

マ「えぇ~つまんない」

リ「まだこっちの世界でもやることはあるわよ♪

 アタシ、アンタから学んでちょっとやっておきたいことあるの。アンタは先行ってる?」

マ「むりぃ」

リ「それに、第1層にだってキレイな景色がいっぱいあるわ。

 旅って、のんびり風景を楽しむことも醍醐味だと思うのよね♪」


二人は宿屋を出て、アリアハンの城下町を抜けて歩いた。

いつぞやの老人は、今日も軒下で微笑みながらお茶をすすっていた。

マ「こんにちは。いいお天気ですね」

爺「ふぉっふぉっふぉ。無意味そうに思えることにも意味がある。意味のないこともあるが、大抵は意味がある」

マ「またおんなじこと言ってるわ」


町を出た。二人は手足をぶらぶらと振り、準備体操をする。

リ「さてと、とりあえずいつかの《どくいもむし》、倒しに行きたいの。手伝ってくれる♪」

マ「えぇ!いまさら!?他の敵倒すほうがけいけんち稼げるんじゃない?」

リ「ウフフ。経験値目的じゃないの。アンタの真似したいのよ♪ 《毒》攻撃受けまくったら、《毒》耐性付くでしょ?それをアタシもやっとこうと思って。

 タブン今なら一人で戦っても5回の《毒》攻撃に耐えられると思うけど、いちお回復役としてついてきてくれない?」

マ「ふぅーん。いいよ」

そして二人は西の洞窟に赴き、再び《どくいもむし》と戦った。ぼうぎょしながら《毒》攻撃に耐えていると、やはりリオも《毒》耐性を獲得することが出来た!《毒》の状態異常の罹患確率を下げる防具は少々ある。しかし、完全な《毒》耐性を持つプレイヤーは、まだこの世界でただ二人だけであった。


マナとリオは、ときに目的もなくアリアハン島を歩き回った。そして、朝靄の高原や夕暮れの砂漠に絶景を見つけては、ただただその自然の神秘を眺めていた。



『僧侶だけで魔王を倒すには?』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

留言


bottom of page