top of page

第32章 めいさんひん

第32章 めいさんひん


コッコッコッコッコ! コッコッコッコッコ!

鶏たちの鳴き声で、二人は目を覚ました。

まだ早朝の4時だったが、二人はそれもわかっていなかった。


夜明けとともに妻は囲炉裏に火を入れ、そして温かい朝食を作ってくれた。それを食べながら、また4人で会話をする。

リ「織り機造るのを引き受けてくださって、どうもありがとう!

 ライドンさんは木工職人なんですか?」

肩を負傷した男の名は、ライドンと言った。

ラ「いやいや、僕は職人なんかじゃないよ。

 この村の者は、年配者なら大抵、織り機くらいは自作できるさ。

 農業もみんなやるし、機織りも料理もみんなやる」

マ「へぇ、すごぉい♪」

ラ「しかし、《水の羽衣》を織れる者は少ない。それこそ職人の技だ。

 色々細かい技術を要するらしいが、少なくとも芸術の感性がいる。

 以前はもう少し、《水の羽衣》の織り手がいたが、近年いなくなった」

リ「どうして?」

ラ「余所者が遠くから、それを求めて村に来るからだよ。

 元々この村の者たちは、余所者に対してそう冷たくはなかった。

 しかし、度が過ぎるってもんだ。僕たちにはそう感じた。

 《水の羽衣》を織っていると余所者が来る。だから織らなくなった。カンタンな話さ」

リ「ふうん」

ラ「僕もそれは織れはしない。

 美しい織物の継承に興味を持ったこともあったが…意味がないと思ったから止めた。

 意味がないうえに災いを呼ぶとあったんじゃ、やる意味はないさ。

 だから、羽衣のほうの依頼は、爺さんに言いつけてくれよな」

マ「はい。そうします」


《聖なる織機》の製造には時間が掛かり、《水の羽衣》の完成にはさらに時間が掛かる。

二人はいったん村を離れて、出来上がった頃に出直そうかとも思った。しかし、村のためにさらに何か手伝いが出来ないものかと、そう考えた。

奇妙なものだ。これはヴァーチャル・ゲームの出来事だとわかってはいるが、人と織り成す営みにはゲーム以上の何かを感じている気がした。ただ新しいアイテムを入手するための奔走ではなく、何かしてくれたら何かしてあげたい、困っていたら助けてあげたい、そんな「人情」という渋い感情に基づいて、二人は動いているようだった。



『僧侶だけで魔王を倒すには?』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

コメント


bottom of page