top of page

第48章 ぎんゆうしじん

第48章 ぎんゆうしじん


二人はカボチの村へ、元来た荒野を戻った。そして宿屋へと向かう。いつぞやの吟遊詩人はまだそこにいた。

リ「ねぇあなた!外の世界に旅立ちたいって言ってたわよね?」

吟「え?そうだけど…」

リ「確証はないけれど…、

 あなたを海の外まで運んであげられるかもしれないわ!」

吟「えぇ、本当かい!?」

リ「本当かどうかはわからないのよ。

 とにかく、あなたは勇気を出して限界を超える覚悟がある?」

吟「え!そう言われると… 

 うう。

 あるぞ!僕には勇気がある!今こそ旅立ちの時なんだ!」

リ「それじゃぁ決まり!

 一晩休んだら、ニャックポアンの村へ行きましょう♪ アタシたちと一緒に」

吟「僕はノーラ!15歳だよ」

リ「アタシはリオで、こっちはマナ。

 え、15歳?アタシたちと同じだわ」


翌日の朝早く、一行は出発した。

リ「一往復したから、きっと前回より早く辿りつけるわ。

 この辺の敵にももう慣れたしね。

 …ところでノーラ?あなた、レベル幾つなの?」

ノ「え、僕?れ、レベル2…」

マ・リ「レベル2!?」

リ「ホンキなの!?」

ノ「だから、僕はカボチ村から出たことがないんだよ。

 出てみたくたって、あまりに魔物が強すぎるんだもの…」

リ「使えるスキルは?」

ノ「《ホイミ》を少々…」

リ「おけ。あなたはずっと、《ぼうぎょ》と《ホイミ》ね。

 アタシとマナでなんとかするから」

ノ「お、お世話になります(汗)」


さぁ、モンスターが現れた!

《キラーパンサー》が2匹だ。リオは《スクルト》を唱えた!仲間たちのしゅび力が上がった!

《キラーパンサー》Aは、ノーラに鋭い爪で飛び掛かってきた!

ノ「ひぃぃぃ!」

マナはノーラをかばった!

マナは28のダメージ!《やいばのよろい》の効果でダメージが跳ね返り、《キラーパンサー》Aにも10のダメージ!

ノーラは唖然とした!死闘が始まってわずか10秒、ノーラは泣いてしまった。

か弱く見えるマナが、さも当たり前のように彼をかばってダメージを受け負ってくれたからだ。

「つ、強い…!!」ノーラは驚いた。

そして思った。

「僕だって、僕だって強くなるんだ!!

 そしてマナのように誰かを守るんだ!!!」

ノーラはしばらく泣いていた。

リ「ちょっとアナタ何やってんのよ!

 いくらなんでもビビりすぎよ!」

ノ「ちがうんだ!違うんだよぉ…!」

ノーラの涙の理由は、しばらく二人には伝わらなかった。


2度目の訪問なら楽になると思ったが、そうでもないのだった。

弱い仲間が加わると、戦力にならないばかりか足手まといになる。1ターン目はいつも《スクルト》や《マジックバリア》から始める必要があり、いつも余計に手数がかかってしまうのだった。時間がかかるし、HPやMPの消耗も激しくなった。

リ「はぁ、はぁ、思ったよりしんどかったわ…。

 でも今さら引き返せはしない!」

リオは拳を握りなおした。

マ「リオは強がる当番で、わたしは弱音を吐く当番でもい~いぃ?」

マナも息を切らして、もうクラクラしている。

ノ「この子たち、平然と戦ってるってわけじゃないんだ。

 手強いけど、辛いけど、それでもずっと歯を食いしばっているんだな。

 『強さ』ってどういうことなのか、僕はずっと勘違いしていた気がするよ…」



『僧侶だけで魔王を倒すには?』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page