top of page

第6章 かばう

第6章 かばう


ゲームからログアウトしたマナは、リオが参戦できなかった事情をLINEにて伺い知った。

しかしマンションのインターネット障害はその日のうちに無事復旧したので、夕飯のあと、二人はまたゲームをプレイすることにした。

リ「やっと遊びにこれたよー!

 よぉーし昼間のぶんも取り戻すぞー!」

マ「よぉーし、次なるどっかへレッツゴー!」

リ「そういえば、アンタ昼間は何を攻略したの?」

マ「あ、えっとねぇ…。

 西に行ったら《まほうつかい》の《メラ》で黒焦げにされちゃったから、町に帰ってきちゃったぁ~」

リ「だから言ったでしょもう!大体察しがつくわよ。

 でもしばらくドラクエやってたみたいだけど?」

マ「うん。町の中でクエストやってたよ。

 おつかいしたらご褒美もらえたりするヤツだよ」

リ「なるほどね。それなら安全だわ。

 それで、何か戦利品や情報はゲットできたわけ?」

マ「んーと、えっと… 

 《ステテコパンツ》とガラクタの指輪と…」

リ「何よそれ!たまにはヘンなもの掴まされるのはお約束として、ハズレクジ引く確率が高すぎて感心するわ!」

マ「あ、でもね、《やくそう》がいっぱい手に入ったんだよ♪

 これは役に立つでしょ?リオのMPが切れてもHP回復できるよ~。

 …あれ!?」マナはコマンドを開いて持ち物を確認するが…

マ「《やくそう》、5個しかない…(泣) えー!?もっといっぱい手に入れたはずなのに!何度も往復したんだよ!」

リ「ははーん。『所持数制限』ってヤツね。

 回復アイテムとかって、一度に持てる数が決まってることあんのよ。5個とか10個とか」

マ「そうなのー!?」

リ「とりあえず、今のアタシたちのレベルや階層の段階では、5個までなんでしょうね」

マ「えーん。リオにもおすそ分けしてあげようと思ったのに~」

リ「気持ちだけ頂いとくわ。アリガト。

 そんじゃアタシもクエストとか慣れておきたいから、1回それやっとこかな。《やくそう》貰っといて損ないしね」


そして二人は、路地裏の母娘のところへと赴いた。

クエストを受注し、ハーブ園への往復を最短ルートでさっさとこなす。

クエストが無事完了したそのときである。

テッテレー♪マナのコマンドに何か反応があった。

『マナはスキル《かばう》を習得した!

 仲間が受ける単体攻撃のダメージを引き受けます。

 習得条件は、1日に20回以上のクエストを完了させること』

マ「わぁー、ナニコレー!?」

リ「おぉー、アンタに最も向いているような、最も向いていないようなスキルね!」

マ「リオがピンチのときに《かばう》したら、リオを守れるってこと?」

リ「そう。その代わりアンタがダメージを喰らう。

マ「わたししゅび力ガチガチだから、二人ともダメ―ジ受けないってことでしょ!?」

リ「そう。とりあえず《いっかくうさぎ》か《おおありくい》程度まではね。

 でも呪文のダメージは受けるハズだから、アタシが《メラ》喰らいそうなときにかばったらダメよ?」

マ「《ヒャド》も??」

リ「とーぜん。

 …それにしても、コレ意外とレアスキルなんじゃないの?

 1日に20回以上もクエストやるなんて、先に進んだらムリになるからね

。 進めば進むほどやることも増えるし、クエストの難易度も上がるから、20回も出来なくなるわ。

 ぐだぐだと始まりの町をほっつき歩いてるノロマだからこそ、出来たことね」

マ「えぇー、優しい人って言ってよぉ~」



『僧侶だけで魔王を倒すには?』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comentarios


bottom of page