top of page

第63章 帰還

第63章 帰還


二人は祠に戻ると、シスターにベリアル討伐を報告した。

シ「なんと、あの怪物を倒す事が出来たのですか! 人は見かけによらない、とはこのことですね!」

マ「えへへへぇ」マナは得意顔だ。

リ「こんなトゲトゲの鎧着て大魔法使いなんて、誰も信じないですよね!」

マ「うるさぁーい!!」

シ「うふふふ」


ちなみに、雪山の中で瀕死になっていた女戦士は、帰りにはもうそこに姿が無かった。誰かが連れ帰ったのか、死んだのかはわからなかった。


シスターの祠にある《旅の扉》から、さらにスタンシアラ城へと舞い戻る。

世界樹の秘薬とやらは手に入らなかったが、おぞましい怪物をやっつけたことは賞賛の的となるだろう、と浮かれたのも束の間…、なんとスタンシアラ城には緊迫が走っていた!

王が失踪したというのだ。

救うために尽力してきたはずの、愛する妃さえも置き去りにして。


二人はひとまず、宿屋で体力の回復をはかった。王の間に行く必要はないだろう、と思っていた。しかし、翌朝宿屋の主人に呼び止められる。

宿「世界樹の秘薬を探索しに行った者は、成果にかかわらず褒美を出すとのお触れですよ。

 王の間で大臣がお待ちですので、行かれたほうがよろしいかと」

マ「プリンセスドレスみたいの貰えるんじゃないの♪」マナは浮かれた。

それなりの報酬があるだろう、とリオも思った。


しかし、王の間に赴くと、そこには戦慄が走った。

「おぬしらが来るのを待っておったぞ!」と大臣は興奮気味に言う。

リ「えぇ、どうしました?」

大「王の失踪の件は知っておろう?

 それについておぬしら、どう考えておる?何か事情を知っているか?」

リ「は、はぁ。

 王様は魔物か悪者だったのではないかと考えています。

 精鋭を集めたのは、お妃の病気を治すためではなく、雪の大地でまとめて抹殺してしまうため…。

 あたしたちのせいでそれが上手くいかなかったため、逃げたのではないか、と」

大「そうか…

 ………。

 ………。

 そうかそうか!

 真相を知ってしまったのだな!」

大臣の声色が変わっていく!

マ・リ「なに…!?」

大「ではおぬしらを生かしてはおけない。

 この国の民も生かしてはおけない。

 みんなまとめて葬り去ってやるわ!」

大臣の姿が、変形しながらみるみる大きくなっていく!

大きく大きく、すさまじく大きくなって城をも破壊していく!


なんと、大臣の正体は《ブオーン》だった!


リ「世界樹並みに…でかい化け物…!!」

住民たちは恐れをなして逃げ出していく!



『僧侶だけで魔王を倒すには?』

最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page