top of page

第64章 だんざいのいかずち

第64章 だんざいのいかずち

ブ「ぶいー-----。せいせいするわい。

 小さな体に収まっているのは窮屈でしょうがなかった。

 ある意味で感謝をしよう。小娘どもよ」

リ「要らないわよ、そんなもん!」

ブ「まぁ怒るな。

 種明かしをしてやろう。どれもこれも。

 わしは強いぞ。《ベリアル》よりもな。

 しかし戦うのは面倒だ。疲れるからな。

 自害するなら許すが、どうだ?」

リ「するわけないでしょ!」

マ「ジガイってなぁに?(汗)」

リ「アンタはだまってなさい!」

ブ「がっはっは!楽しいな。

 種明かしをしてやろう。

 わしの最大HPは2000」

マ・リ「2000!?」

ブ「ふふん。力説したいのそこじゃない。

 そしてわしの必殺技は、《断罪のいかずち》。

 まぁ《ギガデイン》みたいなもんだが、そんなもんじゃねぇ。

 断罪のための、いかずちだ。

 おまえらがわしに与えるダメージが大きくなればなるほど、《断罪のいかずち》がおまえらに与えるダメージも倍々に膨れ上がる。

わかるか?おまえが《イオナズン》をぶっ放すなら、わしの《断罪のいかずち》はおまえらに1000ものダメージを与える。

わかるか?木っ端みじんの黒コゲだ!

しかしわしを攻撃しなければ、わしを倒すことは出来ない。

はっはっは!困ったな!

わしは罪を裁く者。地獄の番人。人類に鉄槌を喰らわすもの」

マ・リ「………!!」

ブ「さぁ始めよう。最後の聖戦を!」


《ブオーン》が現れた!


リ「つまり…

 一撃で倒さないと勝ち目はないってことね」

マ「リオ、作戦はあるの?」

リ「…ない。

 ごめんねマナ。戦士でも居たなら、《バイキルト》とかいしんのいちげきで奇跡が起きたかも。でもアタシたちは非力な僧侶。ダメージレースはお手上げだわ」

マ「そんな…」

リ「ふふ」リオは吹っ切れたように笑った。

リ「…勝てないついでに、アタシの思いつきに命賭けてみる気、ある?」

マ「リオぉ!」


ブオーンは鼻をほじりながら様子をみている。「おい。早く殴るなり蹴るなりしろよ。

 わしの得意技はカウンター攻撃なんだからな」


リオは無視して、マナに耳打ちをした。

リ「マナ、《雨乞い》を2回行動よ!」

マ「《雨乞い》を!?それじゃ何にもならないよ!」

リ「そうかもしれないけど…奇跡があるかもしれないわ。

 これまでのアンタの奇抜な行動のおかげで、このゲームのクセがわかってきた。

 無意味なものにも、何か意味が隠されてたりするのよ」

マ「そうだけど…」

リ「どうせ、他の攻撃じゃどうにもできないわ。

 ただ死を待つだけよりは、何かやってみたくない?」

マ「うん。わかった!」


リ「いくわよ!」リオは気合を入れた。

リオは《スクルト》を唱えた!二人のしゅび力が上がった!

リオは《フバーハ》を唱えた!二人の吹雪や炎のダメージが軽減された!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!空に雨雲が少し増えた!

ブ「はははは!おまえらは漫才師か!楽しいな。

 どぉれ、ちょっと運動しよう」ブオーンは長い腕でなぎはらった!

マ・リ「きゃぁ!」二人は70程度のダメージ!

ブ「いかずちしか撃たんとは言ってねぇぜ!」


リ「まだまだ!絶望じゃないわ!」

リオは《ベホマラー》を唱えた!二人のHPが回復した!

リオは身を守っている!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!空に雨雲が少し増えた!

ブ「おいおい!誰だこいつらに《メダパニ》を掛けたのは!?」

ブオーンは《ルカナン》を唱えた!二人の守備力が下がった!

ブオーンは長い腕でなぎはらった!二人は100程度のダメージ!


マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!空に雨雲が少し増えた!

リオは《スクルト》を唱えた!二人のしゅび力が上がった!

リオは《ベホマラー》を唱えた!二人のHPが回復した!

ブ「アホらしいなぁ」

ブオーンは《しゃくねつの炎》を吐いた!二人は100程度のダメージ!

ブオーンは《ベギラゴン》を唱えた!二人は70程度のダメージ!


リオは《ベホマラー》を唱えた!二人のHPが回復した!

リオは《ベホマラー》を唱えた!二人のHPが回復した!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!空に雨雲が少し増えた!

リ「…!

 ホントに雨雲が増えてきたわ!

 マナ!続けて!」

ブオーンは《ルカナン》を唱えた!二人の守備力が下がった!

ブオーンは長い腕でなぎはらった!二人は100程度のダメージ!


リオは《ベホマラー》を唱えた!二人のHPが回復した!

リオは《スクルト》を唱えた!二人のしゅび力が上がった!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!空に雨雲が少し増えた!

リ「増えてる…!少しずつ雨雲が増えてる…!


 そして奴はそれに気づいていないわね!」

ブ「おいおい!そろそろ飽きてきたぞその道化も」ブオーンは《しゃくねつの炎》を吐いた!二人は100程度のダメージ!

ブオーンは《しゃくねつの炎》を吐いた!二人は100程度のダメージ!


リオは無表情を保ちながら、淡々とこの戦いを続けた。

マナは必至な顔で、懸命に奇妙な儀式を続けた。

ブオーンは事の変化に気づいていない。


そしてさらに数ターンが経過した。


マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!

マ「《雨乞い》!」マナは妙なポーズで天に祈った!


『空を雨雲が埋め尽くした!』


リ「なんか新しい反応が出た!!」リオの心臓は沸騰するほどに興奮した!しかし表情に出さぬよう必死で努めた。

ブオーンは《ルカナン》を唱えた!二人の守備力が下がった!

ブオーンは長い腕でなぎはらった!二人は100程度のダメージ!

ブ「くっくっく。どのみちMPが切れたらおまえらの負けだわい」


リ「…ど、どうかしら?」リオは精いっぱいの虚勢を込めて微笑んだ。

ドキドキ…ドキドキ…まだ何の確証もない…!!

リ「マナ?見てて!!

 超絶ギガデイン!!!!!」

リオは《稲妻の剣》を天に掲げ、威厳に満ちた指揮者のように思いきり振りおろした!!!


バリバリバリバリィィ!!!!

ドゴォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!


地球を滅ぼさんばかりの落雷が、ブオーンに降り注いだ!!!

ブオーンに4167のダメージ!!!!!ブオーンをやっつけた!


リ「やったぁ…!!!」

マ「ぽかぁーん…!!」


二人は抱き合ってへたり込んだ。


しかし…!!



『僧侶だけで魔王を倒すには?』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page