top of page

CHAPTER 22

CHAPTER 22


一行は船着き場の喧噪から離れた。

他に何か情報はないだろうか?やるべきことはないだろうか?

武器の新調もしたいと思い、町の武器屋を覗く。

武「ここは武器の店だ。いい武器が揃ってるぜ!」

サ「ホントだ。見たこともない武器がいっぱいだ」

一行は物珍しそうに物色を楽しむ。

武「貿易港は物騒だからな。豪華な船は狙われやすい。魔物にも悪党にも。

 だから強力な武器が必要になるってもんよ」

サ「これなんかイイな!」

サマルはブロンズ色に輝く美しいヤリを手に取った。《砂塵のヤリ》だ。

武「兄ちゃん玄人だねぇ~。

 そいつは道具として使うと《マヌーサ》の効果があるぜ!敵を目くらましできるんだ」

そんな矢先のことであった。

ボーーン!何かが爆発する音がしたかと思うと、聞き覚えのある叫び声がした。

「ひえー!」

ロ「あれは!」

サ「さっきのワンワンじゃないのか!?」

一行は再び船着き場に駆け戻った。推測通りの事態だった。

ワンという富豪は、魔物に捉えられてもがいている。見たことのない強そうな魔物だ。魔王の手先であると思われる!

サ「ローレ!君は武器屋に戻ってくれ。

 あの物騒なオノを買ってくるんだ!」

ロ「オノを?でも…」

サ「いいから!

 ここは僕らで食い止める!早く戻ってきてくれよ!」

ロ「わかった!」

サマルは魔物に向かっていった!

サ「ムーン!君もこっちに援護を!」

ム「わかったわ!」

サ「やっつけなくていい!ローレが戻るまで時間を稼ぐんだ!」


いかにも手強そうなナイトリッチが2匹あらわれた!

サ「てやーーー!」サマルは、ワンを捉えているナイトリッチAに先制攻撃を仕掛けた!

ワンを捕える敵の手元にピンポイントでヤリを突き刺そうとした!

ナイトリッチは不意打ちにおののき、身をかわしつつも思わずワンから手を離した!

ム「《バギマ》―!!」ムーンは間髪入れずに《バギマ》で続く!

ナイトリッチA、Bは取り乱している!が、威勢よく反攻に転じてきた!

「《バギマ》!」ナイトリッチAは《バギマ》を唱えた!

サ「うくく!」二人は気圧される!

ム「私の《バギマ》より強いわ!」

ナイトリッチBは立派な剣でサマルに襲い掛かってきた!サマルは全力でヤリで受け止める!

ム「まずは《マホトーン》で《バギマ》を封じる?」

サ「それも悪くないが、ムーンはワンワンの近くにいるやつに《ルカニ》だ!守備力を下げよう」

すると、ローレが《バトルアックス》を抱えて戻ってきた!

ロ「待たせた!」

サマルはローレに駆け寄ると、素早く耳打ちした。

サ「ワンワンの近くにいるやつに渾身の一撃をお見舞いしてくれ!

 『覇王斬』とかなんとか叫びながらやるんだ!」

ム「《ルカニ》ー!」ムーンはナイトリッチAに《ルカニ》を唱えた!ナイトリッチAの守備力が下がった!

ムーンはローレに「今よ!」と目で合図を送る!

ローレは全力でナイトリッチに向かっていき、思いきり跳び上がった!

ロ「覇王斬ーーー!!!」

ガキ――――ン!!!凄まじい一撃が敵を襲った!

ナイトリッチAをやっつけた!!

ミ「やったぁ!ローレ様ぁ!!」

ナイトリッチBは仲間の死にひるんでいる!

ナ「おのれ!《イオラ》!!」ナイトリッチBは《イオラ》を唱えた!

まばゆい爆発が辺り一面を包み込む!巻き起こる噴煙に乗じて、ナイトリッチBは逃げ出してしまった!

ワンは腰を抜かして茫然としている。

サ「大丈夫ですか!」サマルはワンに駆け寄って介抱をした。

ワ「はぁ、はぁ、はぁ、どうも。どうもどうもアル」

サ「大富豪の船旅は何かと危険です。護衛が必要なのでは?」サマルはニコっと笑った。

ワ「わかった。お前たちに頼むアル」

4人は笑顔で顔を見合わせた。



『転生したらローレシアのメイドさんだった件』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page