top of page

CHAPTER 27

CHAPTER 27


やがて一行は、城壁街に囲まれた窮屈な町を発見する。

城壁の内側は、古びた町であった。

サ「うわぁ、異国に来たってカンジだなぁ…!」

町「冒険者か?ここはエンドールだ。昔は栄えてたらしいが、今はこのザマさ。優雅に観光するようなところじゃねぇよ!けけけ!」

まったく均整のとれていないボロい醜い家々が、迷路のように乱雑に密集している。スラム街とでもいうのだろうか。

ム「臭い…!」

町は妙な臭いがした。

何の臭いだ?と道ゆく人に尋ねてみると、

町「臭い?別に何の臭いもしねぇけどな」と澄ました顔で返ってくるのだった。

生活臭なのである。慣れ過ぎていて、住人たちにはあまりわからないようだった。

ミ「見て!路地を牛が歩いております!」

ローレシア大陸ではまったく見られない光景だった。牛が狭い路地を闊歩している。糞尿を垂れ流しても誰も気にしていない。

それどころか町民すらも方々で立ち小便をしたりしている。

ロ「臭いだけじゃなく汚いぞ。気を付けて歩こう」ローレは皆に注意を促した。

人々の目はうつろだ。生気がない者ばかりでなく、妙に陽気な者も多いが、酒に酔っているように見える。

ミ「ローレ様、わたくし怖いですぅ」

ローレとサマルは女性を隠しながら歩いた。


不意に、豊かなヒゲをたくわえた白装束の老人に呼び止められる。

老「我は聖者だ。

 冒険者か?手を合わせて祈りなさい。清めてしんぜよう」

サマルは興味本位で言われたとおりに手を合わせて目を閉じた。


しかし 何も起こらなかった!


老「よしよし。もう済んだ。

 10ゴールドでよろしい」

サ「は?」

老「10ゴールドだ。清めてやった」

サ「いや、払いませんよ!」

老「喜捨をなんと心得る!このバチ当たりめ!」

サ「だって、『清め』って言って何にもしてくれてないでしょう?」

老「神を侮辱するのか!この愚か者が!」

ロ「サマル!もう行こう」

ローレは強引にサマルの肩を掴み、彼を老人から引きはがした。

ム「何だったの?今のは…」

おかしな町である。


しばらく歩くと、武器屋の看板が見えた。

ロ「お、こんな町にも武器屋があるぞ!覗いてみよう」

武「おや、冒険者かね?」

サ「何かいい武器あるかな?」

武「御覧の通りさ!」と武器屋は愛想よく笑った。

しかし店内に立てかけられているのは、錆びた剣や錆びたオノ、ほこりをかぶった杖や欠けたブーメランばかりなのであった…

サ「ちょっ!この錆びた剣、幾らなの?」

武「お目が高いな!そいつは800ゴールドだ!」

サ「おい冗談はよしてくれよ!8ゴールドの間違いだろ?」

武「ははは!この町の者にとっては800ゴールドの価値がある」

ロ「何なんだ?この町は」

武「ははは。生気に満ちた冒険者をだまくらかすのは無茶ってもんだよな。

 俺も外と貿易しながら武器屋をやってきた男だ。

 外の人間から見て、『スラム街』と呼ばれるような町であることはたしかだな」

サ「はぁ。頭痛くなってきたよ僕も…」



『転生したらローレシアのメイドさんだった件』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comentarios


bottom of page