top of page

CHAPTER 56

CHAPTER 56


王様の促しで、一行は再び王の居城に向かうことになった。

今会話した人々が、気さくにこちらに手を振ってくる。「ベッポさんこんにちは♪」と微笑んでいる。

サ「…『ベッポさん』!?なぜみんな『王様』と呼ばないのです?」

べ「うん?ワシが『王様!』だなどと呼ばれたくないからじゃ」

ロ「王とは、王様とは、権威を示す言葉…」

べ「そうじゃ。ワシは国の代表を務めるが、自分に特権があるとは思うとらん」

ム「皆、王と呼ばれたくて王になる…権威者になりたくて権威者になる…」


ベッポは思い立ったように立ち止まると、揺り椅子で手芸する老婆の家に寄った。

べ「やよいちゃん、おるかのう?」

や「はいはい。おりますよぉ」

ベ「《命の紋章》、在庫あるかのう?さっき鼻水かんでもうた」

サ「ぎゃー!!」

や「もうベッポ爺さんたら、刺激的なボケはおよしなさんな。

 お客様は笑えませんよ!」

やよいちゃんとやらは、新しい《命の紋章》を授けてくれた。

サ「こんなの、誰かに届けさせればいいのに?」

ベ「こんなの、誰かに届けさせないで自分で取りに行けばいいのに、じゃ」


ム「王様は、こうした指導者の哲学を誰に学んだのですか?」

べ「うん?自分で思いついた」

べ「ワシも若いころ旅をした。腐敗した祖国が嫌でな。

 誠実な王や長のいる町で暮らしたかった。

 そしてあちこち町を渡ったが、どこにも誠実な王などいなかった。

 ワシは『王ならこうすればいいのに』とあれこれ考えたが、誰も同じ考えはしとらんかった。

 そうしてここも違う、そこも違うとさまよってるうちに、テロスに辿りついた」

サ「王様が来た頃は、洞窟に魔物はいなかったのですか?」

べ「いいや?戦ってきたぞ。ワシ、武闘家のレベル99じゃ」

一行「えーーーー!!!!」

サ「それなら魔王も倒せるじゃないですか!」

べ「そういう問題ではないんじゃよ。

 そして、武力で問題を解決することをワシは望まなかった。

 じゃから武力の役に立たない国に住んどる」

サ「まさしく宝の持ち腐れ(笑)」

べ「そうでもないがの。ほほ♪」



ほどなく一行は、城…もといベッポの家まで戻ってきた。

しかしベッポは自分の家には入らず、向かいの家に入った。

べ「セレシア、おるかの?」

セ「はい、お待ちしておりますとも」

さっきのアニメの女神のような美しい女性は、皿を洗いながらまだここで待機していた。

ベ「おぬしも話をしてやったらどうじゃ?」

セ「先ほどお話いたしましたよ」

ベ「いいや足りないと見える。どこから来たのか、素性を話したか?」

セ「あはは!素性というほどのヒミツもありませんわ」

サ「ここの民の多くは外から来たんだよ、という話ですか?」

べ「ほっほっほ、察しが良いのぅ」


セ「では」彼女は皿洗いの手を止めて食卓についた。

セ「私は、グビアナという城の出身者です」

サ「知ってます!砂漠の城でしょう?」

セ「そうです。

 私はグビアナで生まれ育ちましたが、やがてその郷を出ました」

べ「ほれ!まだ秘密にしてることがあるじゃろが!」

セ「あはは!そう急かさないでくださいな。

 はい。私はグビアナの王族の娘でした。

 やがては城主を継がなければならない身でしたが、それが嫌で家出をしました」

ロ「国が、堕落していたからですか?」

セ「そうです。

 最初は政治によって国を建て直そうとも思いましたが、若かりし頃いろいろなことを考えて、『指導者の政策でどうにかなるものではない』と感じました。何かルールを作っても、そのルールをすり抜けて不正を働こうとするだけ。ではルールを100にすればよいのでしょうか?そういう問題ではなさそうです。

 そう悟ったとき、わたくしは国を出ました。親に無断で家出をした、親不孝者です。

 しかしわたくしは、どこかで役に立ちたいと思いました。そうして行きついたのがここです」

べ「うむ。なかなかようまとまっとる」

セ「あははどうもありがとうございます。

 …あまり説明が長いと、ベッポさんは怒るのです」

べ「長い演説など《ザラキ》と変わらんからなぁ」

セ「あはははせめて《ラリホー》と言ってくださいまし」

サ「王様の演説は短か過ぎましたよ!」

べ「あれは演説ではなく『ボケ』じゃ!」

ミ「…あ、そうか!ボケってそういうことでしたか!

 『ワシはボケが始まっている』という意味かと思ってましたが、『ボケをかました』という意味だったのですね?」

べ「ほっほっほ!ご名答。

  『ボケをかました』という意味じゃが、しかし『ボケが始まっている』と思わせたかった」

サ「うん????」


べ「さすればもう、ワシらがしてやれることは済んだであろう。

 今日はこの家で泊っていきなされ。ゆっくり体を休めるとよろしい。

 この先どうするかは、休みながら考えればよいな」

ロ「寝床まで、ありがとうございます!」

べ「ワシは向かいにおるから、何かあれば頼ってきなされ。

 しかしワシも今宵は鼻くそをほじるのに忙しいからな。くだらん用事では呼ばないでくだされよ?」



『転生したらローレシアのメイドさんだった件』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comentarios


bottom of page