top of page

CHAPTER 60

CHAPTER 60


次はどこに行けばよいのだろう?

それに関する情報はマーニャにも村長にもなかった。他の民にもなかった。

一行はひとまずヨルッカまで戻ることにする。


途中の宿場に辿りついたときのことだった。

闇市のように御座を敷く盗賊風情の男が、一行に声をかけた。

盗「おや?《やまびこの帽子》を手に入れたのか。すごい猛者だなぁ!

 魔法使いの最強アイテムを手に入れたなら、今度は戦士の最強アイテムの番だな!

 知ってるか?

 ここから南に反れた先には、閉ざされた山間いに大洞窟がある。その一番奥にはとんでもない剣が眠ってるって噂だぜ。

 なんでも、古の勇者ロトにゆかりがあるとか…」

ロ「ロトにゆかりのある剣?それはすごいな。行ってみるか」

盗「気を付けたまえ!道中は手ごわいぞ。

 《特薬草》を10個は買っていったほうが良いんじゃないか?」

サ「はは、商売が上手いね!間に合ってるよ」

一行は、次の目的地を南の大洞窟とやらに定めた。


その日の夜半のことだった。

珍しく、ローレは遅くまで眠れず、虫の声を聞きながら宿の前で夜空を眺めていた。

自分の部屋からその姿を見つけたミユキは、ローレの元へと降りていった。

ミ「珍しく夜更かしで。どうされたのですか?」

ロ「考え事をしている。らしい」

ミ「らしい」

ロ「何が正しいのかよくわからないなって、思うことが最近多いよ」

ミ「そうですね。しかしミユキは、頭の毛糸がこんがらがるので眠ってしまいます。

 でもローレ様たちの旅は、着実に前に進んでおりますよ」

ロ「そうだね。テロスで悟った人々に出会い、《やまびこの帽子》を手にしたことは、この旅がもう終焉に近いことを感じさせるよ」

ミ「…!

 そうだ。《やまびこの帽子》と言えば…。ローレ様は昔、少し魔法を使ったことがあると、わたくしは耳にしたことがあります。城でその話をすると、従者たちは『冗談話の1つよ!』と取り合ってくれませんでしたが…」

ロ「……。

 知ってたのか?

 たしかに僕は、本当は魔法が使えないわけじゃない。

 ロトの血を引いているし、城には優秀な先生がいたからね。幼くして魔力を放つ力はあった。

 でも魔法ってものを眺めてて、使ってみて、自分なりに思うことがあった。

 『人は魔法に頼るべきでない』と。僕は思った。

 『人は魔法に酔いしれるべきでない』と僕は思った。

 でもそれを先生に言ったら怒られた。だから誰にも言わないことにした。仲間たちにさえ。

 大切なのは、気づくプロセスだと思っている。

 『知る』ことより『気づく』ことが大切なんだ。それは大抵、体験を必要とする。

 サマルやムーンが旅の中で気づくまで、僕は待ち続けている。

 …いや、彼らはすでにわかってるのかなとも思う。

 それが危ういものであっても、迎合しなきゃならんこともある。

 彼らは僕より、柔軟なのかもしれない。

 僕はやはり、頭が堅くて不器用なのかもしれない。

 あ、ミユキを責める気持ちも卑下する気持ちもないよ?

 魔法は魔法でも、回復魔法しか使わないってこだわりは、悪くないことだと思っている」

ミ「はい」ミユキに多くの言葉を返すことはできなかった。

 心情を話すと、ローレはすやすやと眠ることが出来た。



『転生したらローレシアのメイドさんだった件』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Σχόλια


bottom of page