top of page

CHAPTER 62

CHAPTER 62


しかし…


宝箱はからっぽだった!


一行「えぇー!!??」

この宝箱ではないというのか!?

しかしこの苛烈な洞窟をさらに探索し続ける気力は、一行には残されていないのだった…


サ「ふえぇ~。

 ちょっと休もうか。元気になってからまた探そう」

ム「そうね」

と一行がしゃがみこんだその時…


?「ふははははは愚かな冒険者め!

 まんまと騙されおったわ!まことに愉快だ」

一行「!!??」

ロ「誰だ!!」


敵は、こちらが身構える前に背後から襲いかかってきた!

?「《キングダムソード》!!」

ローレ、サマル、ムーンはそれぞれ70程度のダメージを受けた!

ローレ、サマル、ムーンは守備力が下がってしまった!

サ「つ、強いぞこいつ!!」


?「ふははははは不意打ち失礼!

 しかし負けられない戦いなんでね。

 我が名はユリウス。

 大神官ハーゴン様の片腕である!」

頑丈な鎧を頭までまとった、攻守ともに強固な魔物が立ちふさがった!


サ「どうする!?」

ロ「わからん!

 ただ一つ言えるのは、短期決戦で仕留めないと勝ち目がない!

 僕らの体力はもう限界ギリギリだ!」

サマルは《スクルト》を唱えた!ローレ、サマル、ムーンは守備力が戻った!

ムーンは《ルカニ》を唱えた!しかしユリウスには効かなかった!


ユ「ふはははは!さらに恐怖を見せてやろう。

 《バイキルト》!

 そして《スカラ》!」

一行「なにぃぃぃ!!??」

一行は青ざめた!!!


サ「ひるんではいられない!

 《スクルト》!ローレ、サマル、ムーンは守備力が上がった!」

ローレは正面から力強く斬りかかった!ユリウスに88のダメージ!

ム「短期決戦…

 よぉし、一か八かよ。

 《マホトラ》!」ユリウスのMPを15吸い取った!

 《マホトラ》はやまびこのようにこだました!ユリウスのMPを19吸い取った!


ユ「なに!?

 くそう!速攻で畳みかけてやる!

 《キングダムソード》!!」

 ローレ、サマル、ムーンはそれぞれ70程度のダメージを受けた!

 ローレ、サマル、ムーンは守備力が下がってしまった!

ユ「さらに地獄を見ろ!

 《キングダムソード》!!!」


しかし、MPが足りない!


ユ「なにぃ!?」

ム「やったぁ!」

ロ「ナイスだ!勝てるぞ!!」

ユリウスは技を使わずとも強かったが、数ターンの後に《バイキルト》と《スカラ》の効果が切れるとローレたちが優勢となるのであった。

そして見事、撃破した!!


一行「やったぁ!!!」

サ「ナイスだムーン!君がMVPだよ!

 《マホトラ》なんて唱えたときは気が狂ったのかと思ったけど…」

ム「いいえ、魔法使い系じゃない魔物は、MPが低いのが定石でしょう?

 《やまびこの帽子》の効果で1度に2回《マホトラ》が発動するなら、ひょっとして一瞬でMPを枯渇させられるんじゃないかと思ったの」

ロ「なんて策士だ!」

ミ「ムーン様すごいですぅ!!

 あ、皆さんに《ベホイミ》!」

サ「そんな奇策、この一瞬で思いついたのか?」

ミ「いいえ、《やまびこの帽子》を貰ってからずっと考えていたの。そろそろ最終決戦も近いでしょうから、それに向けて対策を。

 私が使える魔法のすべてを、やまびこの効果で連続発動したらどうなるかしら?ってね。

 《やまびこの帽子》の利点は、与えるダメージが増えるだけではないわ」

ロ「相手を打ちのめすこと以外にも、考えてたってわけか。

 さすがだよムーン!」


戦闘を終えて一息ついた、と思ったら、急に地響きに見舞われる!

ロ「なんだ!?」

なんと、祭壇の奥の壁が崩れ落ちはじめた。洞窟全体が崩れ落ちるのではないかと一行は青ざめたがそうではなく、奥の壁が崩れ落ちたことで一行は予期せず洞窟の外にはじき出されることになった。

新しい地が広がっている。

目の前に見えるものは…

半里の先に、壮大な神殿がそびえ立つ。

数十もの高い柱によって囲われた、古代ギリシア建築のような神殿だった。柱の高さは数十メートルにも及び、この壮大な洞窟とも見劣りしない規模だ。ミユキは、転生前の昔に教科書で見た、パルテノン神殿を思い出した。

幸いにも洞窟の外に魔物の気配はない。が、その神殿からは禍々しい気が鬱蒼と漂っているのだった…



『転生したらローレシアのメイドさんだった件』

最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page