top of page

エピソード102『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード102


また、道具屋の店主はこんなことを言う。

道「世界樹だって?そんなのたくさんあるよ」

4人「えー!!??」

道「知らないのかい?みんなが買ってくこの8ゴールドの《やくそう》。

 これは世界樹って植物の一種だよ。

 世界樹は癒しの力の強い植物なんだ。

 だからこんなちっぽけな薬草で、結構な傷が回復しちまうわけさ。

 《やくそう》が世界中に出回るようになったのも、ある意味ゃ魔王のおかげかもね!なんつって!」

ア「いや、ちょっと待って!

 《やくそう》が世界樹の一種っていうのは驚いたけど、そうじゃなくてさ?

 そんなありふれたものじゃないはずなんだ。なんか特別な場所とか、特別な樹とかあるはずなんだよ。

 『世界樹を目指せ』って僕ら言われたんだ。それが《やくそう》のことなはずはないよ」

道「目指せって?誰にだい?」

ア「え、それはまぁ・・・ヘンテコな爺さんにさ・・・(汗)」

道「あははは、酔っ払いの相手はしてらんないよ!」

謎の真相にまた一歩、近づいたような、遠ざかったような・・・。



数日後のこと。今日は国民投票の開催される日だ。

先日の食堂でまた昼食を食べようと出かけると、その日は「臨時休業!」というプラカードが掛かっていた。

な「どうしたのかなぁ?風邪でもひいちゃったのかなぁ?」と4人が戸惑っていると、

女「そこの亭主なら、デモに出てったわよさっき!」と近所のおばさんがひそひそ声で叫んだ。

4人「デモ!?」


城に近づけば近づくほど、なるほど街がざわついている。

「撤廃しろー!」などと叫ぶ声や、それを囃し立てる野次馬のような騒ぎ、煙たがるひそひそ声、様々な声や音、感情で街がグチャグチャしている。

察して城まで行ってみると、大勢の人が集まっていた。

デ「テレビジョン反対ー!」

デ「火力発電を増やすなー!」

要するに、食堂の店主が案じていた内容によるデモ運動だった。

町「国民投票の結果に委ねればいいのに」

町「デモなんて下品ねぇ」色んな意見もある。

議会が城にあるゆえ、デモ隊たちは城の前に集まっているのだ。その野次馬たちも。

聴衆をかき分けて前まで出てみると、城のテラスには国王らしき男が出て演説を始めようとしていた。


王「静粛に!諸君。静粛に!

 国民投票の結果は出た。

 火力発電所を増やしてテレビジョンの充実を支持する声が多数、だ」

町「うぉーーーーー!!」

王「静粛に!

 それに反対する声があるのも頷ける。火力発電はリスクも大きい。

 しかし、便利、快適、楽しい暮らしが人を幸せにするのも事実だ。

 テレビジョンを国外に輸出すれば、この国はすさまじいほどに潤うだろう。民は豊かになる!」

町「うぉーーーーー!!」

町「テレビジョンの普及を促したのはおまえだろーー!」

王「静粛に!

 いやいやわかっておる。豊かばかりが幸せでもない。

 わしは別に、テレビジョンを支持する者ではない。

 たしかにテレビジョンの開発や普及の政策に力を入れたのは、過去のわしだ。

 しかし今のわしはそうではない。今は中立。

 国民の意思に、委ねるのみよ」

それだけ言うと、王はテラスから姿を消した。

民「国王のせいじゃないぞーーー!」

民「屁理屈だーーー!!

様々な声が飛び交っている。


キキはデモ隊の中に例の食堂の店主を見つけた。

キ「おじさん、このぬいぐるみ、持ってくれない♡」笑顔で奇妙なおねだりをした。

店主はぽかんとしながら、キキからかわいいウサギのぬいぐるみを受け取った。

キ「ちょっとそれを、頭の上に高く掲げていてくれる?1分だけでいいの」

店「なんだ?」

キ「お友達とはぐれちゃったのよ。探したいの♪」

店「ふうん」まぁいいか、と店主はそれに従った。

キキは店主の足元にしゃがみこみ、大きく息を吸い込んだ。

キ「ねぇ聞いてーーーー!わたしはうさ子ぉぉ♡」

妙なパフォーマンスに、周囲の視線が集まった。

キ「テレビジョンの快楽に一度中毒してしまったら、それを取りやめる法案に賛成できる自制心ある人なんて、どれくらいいるかしらーー?」

民「うん?」

民「なんだ?」

ざわざわ。ざわざわ。

キ「もしかして、国民の大半がテレビの中毒に抗いきれないことなんて、始めから予測してたのかもねぇあの人はぁー。

 それなのに、『わしは中立』なんて言ってるのかもねぇ~!」

それだけ言い終えると、キキは店主の足元からひっそりと姿を消した。

ざわざわ。


キキは3人に合流すると、振り返らずに言った。

キ「さ、次の街に行きましょ♪」


「多数決」「民主主義」「他人の意思を尊重する」などと言っていても、大衆をコントロールする支配者はいるのだ。

「大衆」という大きな船は、結局のところその民度から、次の出来事へのリアクションは予測可能だったりする。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page