top of page

エピソード110『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード110


地平線の彼方まで何もない砂漠だ。

方向さえ教われば、噂のピラミッドはじきに見えてくるのだった。そして見えさえすればあとはまっすぐ進むだけである。

道具屋の言うとおり、アッサラームのそれよりもずいぶん小さなピラミッドだった。それにしたって建造には大勢の人が苦労したことが伺える。

入口には門番がいたりはしない。道具を預かる老婆もいない。4人はホッとした。

魔物よりも人間のほうが面倒くさい。時には。


こちらのピラミッドの通路にはロウソクは灯っていないが、一行には《レミーラ》があった。いっぱしの探索者の気分で胸を張って進む。規模が小さくてもワクワクはするものだ。

通路を真っすぐ進んで角を3つ曲がると、玄室に辿り着いた。

大きな棺が置かれている。

ア「この中に王様の財宝があるのかな?」

財宝など興味もないが、興味があるフリ、をしたのだ。それにしてはセリフが淡泊すぎるが。

アミンが重たいフタに手を掛けようとすると・・・


?「我らの眠りを妨げる者は誰だ・・・

 王の財宝を荒らす者は誰だ・・・」

どこからともなく不気味な声が聞こえる!

そして、

バタン!!

玄室の入口が閉じられた!!

ア「閉じ込められたぞ!!」

4人は身構えた!!


なんと、闇の中からミイラおとこの群れがあらわれた!

な「ひー!キモい!!」

ア「闇の中から出てきたってことは、人間じゃないよな?

 これ、倒しちゃっていいのか?」

キ「話し合いなんて通じそうにないものね♡」

ミイラおとこは見かけによらぬ剛腕で4人に襲い掛かってきた!並みの商人や盗賊では抗戦できない強い魔物だ!

4人は、狭い玄室という戦場にも苦労しながらも、どうにかミイラおとこの群れをやっつけた。

ゆ「包帯巻いてる人に攻撃するなんて、なんかとても心が痛むわ・・・(汗)」

ゆなは元看護師ゆえの複雑な心境をつぶやいた。


魔物を一掃すると、アミンはもう一度棺のフタを開いてみようとした。

ゆ「ちょっとまたミイラおとこが出てきたりしないでしょうね!?」

な「ひぃぃぃぃキモい!!」

しかし・・・

ア「開かない!これダミーだ!」

なんと棺は、棺のように見えるがフタのない、ただの石造物だった。

ア「何だったんだろう?これ」

な「『王様の財宝を荒らす者は誰だ!』って言ってたよ。

 やっぱり王様の祟(たた)りなのかな??」

ゆ「祟りなんて、存在するの?」

キ「祟りって概念は、魔法を使って可能だったりもするんだけど・・・

 これは『ファラオの祟り』に見せかけた、魔物のしわざね」

3人「見せかけ!?」

キ「そう。見せかけ。

 王の遺体も財宝もないなら、王が祟る必要がないわ。

 昔は本当にここに王の棺があったのかもしれないけど、少なくともいつからかダミーにすり替えられた。

 ダミーを置いておく目的は・・・

 盗掘をおびき寄せるため。そして現れた盗掘を抹殺するため。

 そう考えるのが自然でしょうね」

ア「なんで見せかける必要があるんだ?」

キ「ここで事件があって人が戻ってこなくても、砂漠の人たちは『古のファラオに祟られたから仕方ない』って考えるわ。つまり、魔物や黒幕の存在をカムフラージュできる」

ゆ「魔物の存在を隠しながら、人間を滅ぼすことが出来るってことね!」

キ「そう。危険な噂があっても盗掘を仕掛けてくるような、戦闘能力の高い商人や冒険者を抹殺したいんでしょう」

ア「遠くない場所に、悪の親玉がいるから、かな?」

キ「そのような気がするわ・・・!」

冒険は少しずつ少しずつ、緊張感を帯びていく・・・。


キキは仕上げに、このピラミッドに結界を張った。

そうすれば盗掘がこの玄室に訪れても、ミイラおとこたちは出現しない。

そしてこの棺がダミーだと知れ渡れば、やがて誰も盗掘など仕掛けなくなるだろう。

いちおう万事解決、だろう。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

コメント


bottom of page