top of page

エピソード121『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード121


町人が不快だろうが、それなりにはことを為さなければならない。食べて、寝て、道具や食料を買い、場合によっては武器や防具を新調したい。そして世界樹への情報やカギを手に入れたいものだ。


ア「僕ら、世界樹っていうのを探しているんだ。何か知らないか?」アミンは町民に声を掛けた。

すると思いがけない言葉が返ってくる!

町「世界樹だって?あそこだよあの角のところ」

4人「えぇーー!?」

驚く一行が振り返ってみると、そこには「世界樹のしずく」と大きく書かれた看板があるではないか。

世界樹の樹そのものではないが《せかいじゅのしずく》がある!?一行は足早にその店へと向かった。

4人「なんだぁ・・・(汗)」

よくよく近づいてみると、看板には「世界樹のしずく」の下に小さな文字で、「を使った健康食品やお土産、扱ってます♪」とくだらない商売文句が添えられていた・・・。

店は観光地によくある土産屋風情で、「世界樹まんじゅう」「世界樹クッキー」などと派手なパッケージの土産物が誇らしげに陳列されているのだった。

そして店主が声を掛けてくる。

店「へいらっしゃい!世界樹を使ったお土産物をお探しかい?

 こんなのはどうだ!世界樹の粉末をほんのちょっただけ練り込んだせかいじゅクッキー!クッキーだから若い子にだって食べやすいよ♪」

な「わぁー、美味しそうー♪」

3人「ちがーう(汗)」

ゆ「あんたこの町で単独の買い物、絶対禁止!!」

ア「要するに《せかいじゅの葉》なんてほとんど入ってないって意味だろ?ふざけてるよ!しかも200ゴールドだって!?普通のクッキーの10倍じゃないか!」

店「じゃぁこっちはどうだ!

 《せかいじゅのしずく》をリアルに1%配合した世界樹ウォーターだ!飲むもよし、化粧水にするもよしのスグレモノだぜ!1本1000ゴールド!」

ア「1%って(汗)」

店「何がいけないんだ?ローズウォーターだってバラのエキスは1%しか入ってないぜ」

ア「知らないよそんなこと」


ゆ「お土産じゃなくて、世界樹の樹を探してここまでやってきたんです」

店「なんだ、そういうことか!早く言ってくれりゃいいのに。

 世界樹に行きたいっつうんだろ?

 街を南に少し行くと飛行艇乗り場がある。コスタールは飛行艇さえ開発しちまったんだぜ!優秀な民族なのさ!」

ア「それ乗ったら世界樹に行けるの?」

店「もちろんさ。1000万ゴールドくらい払えばどっかの商人が乗せてくれるだろう。

 あと、不時着で重症を負うかもしれないから医者を3人くらい雇うんだな。

 何なら信頼のおけるエージェントを紹介してやろうか?」

ア「1000万ゴールドも払えば飛行艇が買えちゃうだろう!」

店「はっはっは!君も頭がいいね!ウチの店には出入り禁止にしようかな」

ゆ「アミン、飛行艇に乗る必要はないはずだわ」

ア「そうだったね。無駄話はヤメよう」

他のルートがあるはずだと、以前に情報を得た一行だ。海岸まで行軍し、月の満ち欠けに注意を払い、そして人魚を探す。


最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comentarios


bottom of page