top of page

エピソード127『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード127


アミンは拳を握りなおした!

ア「おいテカテカ!!」

アミンは大声でテパネカを挑発した!

ア「キキが起きたら、お前は負けるぞ?」

テ「まだ虚勢を張るか。まるで悪者のようだな。見苦しいものだ」

ア「虚勢なんかじゃないさ!

 そして僕はキキの次に強い!キキと二人並べていいのか?」

テ「なるほど。まぁ殺しておくか。わしはバカじゃない。

 残りの女は使い道が色々あるしな」

ア「窮鼠猫を嚙むだ!!

 うぉぉぉぉぉぉ!!!」

アミンはオノを両手で大きく振りかぶり、テパネカの懐に勇ましく飛び込んでいった。

テ「威勢でどうにかなる戦力差ではない。

 太陽の炎で、派手に散れ」

テパネカは迫りくるアミンに向けて両手を構え、魔力を集中した!

テ「ぬぅぅぅ、メラマー・・・」


ア「《マホカンタ》っっ!!!」


アミンは途中でオノを投げ捨て、両手を眼前に突き出し魔法を唱えた!

なんと、光のカベがアミンの前にあらわれた!!!


ドドドドドドドドドド!!!

テパネカの放った無数の炎弾は、なんとすべてテパネカに跳ね返った!!!


ドゴォォォォォーーーーン!!!!


テパネカは、跡形もなく消え去った!!


な「やったぁ!!!」

ゆ「すごい・・・!!」

ア「まだ安堵は出来ない!

 すぐにこの街を離れるぞ!」

アミンは死闘を終えたのも束の間、キキを抱え2人を引き連れ、宿ではなく馬車に向かった。そして夜中のうちにコスタールを離れるのだった。



馬車はすごいスピードでコスタールを遠ざかっていく。

ゆ「・・・そっか。

 悪者をやっつけたけど、あの街の人にとっては私たちが悪者だものね。

 英雄をやっつけられて、ますます恨まれるだけ・・・」

街からすぐに逃げ出した理由を、ゆなもすぐに察した。

な「それにしてもアミン、すごい魔法だったねぇ!!

 あいつの《メラマータ》よりもすごい魔法、使ったの??」

ア「いやぁ、僕の魔法が強かったわけじゃないよ。

 あれは《マホカンタ》って言ってね。敵の魔法をそのまま跳ね返すことが出来るんだ」

ゆ「喰らったら誰も生き延びられない魔法を、テパネカは自分で喰らった、と」

な「あ!柔道でもそういう考え方すること、あるかも?」

ア「そうだな。ななは時々そういうふうに戦ってるよね」

な「えぇ?わたしは出来ないよぉ」

ア「ははは。無意識でやってるんだ。

 基礎練習をちゃんと積んできたんだろうな。体に染みこむほど」


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page