top of page

エピソード134『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード134


人魚の少女は穏やかな顔をしている。

エ「人間に対してあまりに浅はかだったことが、わかりました。

 母がなぜあんなものすごい剣幕で怒ったか、それもわかる気がしました。

 圧倒的に愚かなことなのだろうと、わからないけれどわかります」

キ「良かった・・・!」

エ「でもわたしは、やはり死ななければいけないかも・・・」

な「どうして!?」

エ「母に愛想を尽かされては、仲間に愛想を尽かされては、一人では生きていけません。

 それならいっそ、もう死んでしまいたい」

キ「大丈夫よ♪」

エ「え!?」

キ「あなたの恋心が醒めたなら、大丈夫♪」

エ「どうして!?」

キ「あなたのママはあなたが嫌いになったわけじゃないの。

 あなたが人間に、しかもクソ人間に恋しちゃったから、危ないから怒ったのよ!

 すごい剣幕で怒ったのは、大嫌いだからじゃないの。

 すごく危ないから、すごい剣幕で怒っただけよ。

 あなたがその恋の危険を理解して、もう興味を失ったなら、ママはもう怒らないわ♪」

エ「本当ですか!?」

キ「本当よ♪150%ホント!!」



北の岩場に人魚たちの棲み処はあるという。

一行はエルに付き添って、母親のもとへと連れ帰った。

人魚の群れを見つけると、まずはキキが母親に事情を話した。

母親はやはり、もう微塵の怒りも持たず、九死に一生を得て帰ってきた娘に涙した。

母親はエルを抱きしめ、二人は無事に仲直りをした。

ゆ「良かったぁ♪」

な「てゆうか人魚さんがいっぱいー!!」

ア「あまり騒ぐな。人魚は男だけじゃなく人間自体を怖がってるはずだ」

な「わ、わたし天使ちゃんですけど♡」

ア「そうだけど、今は人間だ」


母「ありがとうございます。

 私たちは、あなた方との距離感を上手く計らなければなりません。

 これからは毎日お友達、というわけにもいかないのが実情です」

な「えぇー、残念(泣)」

ゆ「受け入れます」

な「少しは、お話できますか??」

母「えぇ、少しはお話しましょう」

ゆ「本当に人魚がいるなんて、今でも信じられないわ!」

な「人魚さんは人間に隠れて住んでいるの?」

母「はい。人魚とは、人間から姿をくらませながら人間を助けるのが使命です」

な「つ、ツンデレ(汗)」


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page