top of page

エピソード135『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード135


母「長い歴史をお話しましょう・・・。

 遠い昔、地球にはアトランティスという超文明がありました」

ゆ「聞いたことがあるわ!」

母「アトランティスは、科学力の誤用によって、海の藻屑と消えました」

キ「大災害を引き起こしてしまったのよね」

母「科学と権力の誤用によって。アトランティスの民は滅び、罪なきレムリアの民までをも巻き込んでしまいました。

 それは惑星規模の大罪でした。

 そのときに大きな過ちを犯した者たちが・・・人魚という姿でこのように生まれ変わります」

ア「罪を償う人生、か」

ゆ「人魚って、船を沈めたり人を溺れさせたりする悪い生き物だって噂もあるわ」

母「船が転覆する現場で、目撃されることがあるため、『人魚が沈めた!』と誤解されることがあります。

な「かわいそう・・・!」

母「しかしその誹謗中傷も、私たち人魚が受けるべきカルマの1つです。

人助けをしても、嫌われる。嫌われてもなお、人助けをしながら生きる。そういう宿命です」

ゆ「切ないわ」

母「しかし、同情を受ける立場ではないのです。罪人ですから」


な「溺れた人を助けるから、下半身が魚なの?」

母「そのためでもあります。 

 もう1つ、理由があります。

 それは、人間との恋に中毒しないため」

4人「えぇ!?だってさっき・・・」

母「そう。そもそも恋愛をすべきでありません。

 しかし、遭難した男など助ければ、その男に恋されたり、恋することは起こり得ます。

 特に男たちは、女を無理やり押し倒すものです。

 下半身が魚なら、人魚はセックスをすることが出来ません。

 恋に中毒することなく、互いは別れるでしょう」

ゆ「そんな理由があったとは・・・!」


母「私たちもあなた方に伺いたいことがあります。

 こんな辺鄙なところに、どのような御用があったのでしょう?

 もしかすると・・・あなた方に助力が出来るかもしれません」

ア「僕たち、世界樹っていうところに行きたいんだ!」

母「やはりそうでしたか。

 導きましょう。あなた方を」


最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page