top of page

エピソード142『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード142


一行は屋敷から飛び出した。

ゆ「なに!?」

長「悪い者が、うごめき出したか・・・!」

キ「はぁあ。もう結局バレちゃってんのよねぇわたしたち(汗)

 アミン!アンタが時々強いからいけないのよ!」

ア「えぇ!僕のせい!?」

な「褒めてるの?責めてるの??」

キ「まぁ両方♡」

ア「とにかく爆発音のところに行かなくちゃいけないんじゃないか!?」

ゆ「樹のてっぺんよ!?」

長「行ける。

 道はまだ伸びているぞよ」



長「こちらへまいれよ」

長老はひょこひょこと歩くと、世界樹の裏側へと一行を案内した。

背の高い幹は胴体も太い。もはや太いという形容ではなく、「広い」という感じだ。現代社会で言えば、世界一の高さを競いあっているビルのようなものである。


なんと幹の裏側には、扉があった!

ア「まさか、中は空洞なの!?」

長「空洞というほど空洞でもないがな。

 中をくりぬいて空間がある」

ゆ「そんなこと可能なの!?」

長「可能じゃよ。幹は太いからな。ある程度空間を作っても樹は体を支えられる。

 シルヴァヌスは愚かではない。樹の耐久力を考えながら、そして樹に意向を伺いながら、徐々にくりぬいてきた。


トントン。

ギィィィィィ

大きな扉を開けると・・・

民「長老!」

なんと、中には大勢の人がいた!

シルヴァヌスらしき人々が、女性や子供も含めて大勢いる。

な「妖精さんってホントに木のお家に住んでたんだー!!」

民「長老!何があったのですか!爆発音が!」

長「これこれ、慌てるでない。

 今その究明に、勇者様たちが向かってくれる」

な「ゆ、勇者様じゃないですぅ(照)」

長「間違えた。大道芸人様じゃ!」

4人「それはイヤだーーーー(汗)」

長「とにかくな。この者たちはシルヴァヌスを傷つけない。

 世界樹を上っていくことを尊重し、協力してやってほしい」

民「は、はい、わかりました」

ア「こう言われちゃったら、あの爆発のところにすごいボスとかいたら絶対逃げられないね(汗)」

キ「大丈夫よ♪これまでだってボスに遭ったって逃げなかったわ♪」


世界樹の中は本当に広い。まさしくビルのフロアのようだ。馬車すら通れる。

居住空間は階層構造になっていて、上階に行くための道は階段ではなくスロープである。やはり馬車が通れる。なにしろ彼らも階の上下を、物を運んだりしながら暮らしている。世界樹を木材にして造った立派な家具などを。

何も知らなければ迷ってしまいそうだ。いつか遥か未来、仮に住民たちが朽ち果てた後に訪れるなら、これは巨大な迷宮に感じられただろう。

長「わざとやや複雑な間取りに作っておる。

 仮に悪しき者に侵入されたとしても、すぐにてっぺんに上られないようにな。

 では、わしはもう帰って寝るぞ」

ア「ありがとう!」

長「達者でな♪」

長老は顔をクシャクシャにして、とても嬉しそうに微笑んだ。

アミンは長老にとって、同族ではない。しかし、まるで親戚の子供の、一流企業への入社式を祝福するような気分なのだ。


最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

コメント


bottom of page