top of page

エピソード149『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード149


ドォォォォーン!

今度は爆発ではなく、地響きがした。

ア「なんだぁ!?」

キ「はっ!戦闘音だわ!」

一行は周りを見渡すが、何も起きてない。

ゆ「きっと下の階だわ!」

一行は下階へと駆けていった。


なんと下の階では、男がたった一人で魔物の軍勢と戦っている!

今の地響きは、その男が派手に壁に突き飛ばされた音だった。

ア「何が起きているんだ!?」

状況はよくわからないが、魔物の軍勢に立ち向かう男が善と見受けられる。しかし押されている。

一行は、倒れる男に駆け寄った。

ア「大丈夫か!」

?「はぁ、はぁ、はぁ、

 上の騒ぎは終わったのか?

 はぁ、はぁ、はぁ、

 住民たちは逃がした」

キ「あなたは?」

ラ「我が名はラミアス。それ以上は不要だ。

 ともかく悪を倒すためにここにいる。

 ・・・そなた、ドワーフだな?」

ラミアスはアミンを見て言った。

ア「そうだよ!あなたもドワーフだ!」

ラ「いかにも」

ア「ははっ!」アミンはこんな場所でも同胞に会えて嬉しくなってしまった。

ラミアスは立ち上がった。

ラ「共に、敵を討つぞ!」


アークデーモンがあらわれた!

魔物の群れがあらわれた!


ラミアスとアークデーモンは対峙する。

女3人は他の魔物の殲滅に動いた。

アミンはラミアスに付こうとする。

ラ「要らん。君の仲間たちをサポートしなさい」

ア「でも!」アミンは負傷しているラミアスが心配だ。

ラ「では奴の手下を退治して私の負担を和らげてくれ」

ア「いや・・・!」

ラ「おぬしの同胞は、今やドワーフだけではないのだろう?」

ア「は・・・!

 わかった!」

アミンはななたちに加勢した。


ラ「とぁぁー!」

ラミアスは残り少ない体力でも、立派な剣を構えてアークデーモンに立ち向かった!


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page