top of page

エピソード17『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード17


えぇぇぇぇーーい!!


なんと、ななが木の上からきりかぶおばけに殴りかかった!!手には何か鉄が鈍く光っている!

グシャっ!!!

きりかぶおばけをやっつけた!!

な「うひゃぁー!」ななは自分が一番ビックリした!


ゆ「な、何が起きたの!?」

ア「なな、それはもしや・・・?」

アミンは、ななの腕で鈍く光る鉄の塊を指さした。

な「あはは。戦士さんのコテ、借りちゃったぁ(照)」

ア「借りちゃったって、コテだって結構重たいだろ?」

な「うん。重たいけど、3kgならなんとかなるかなって」

ゆ「3kgのコテ持って攻撃するって、結構スゴくない!?あなたそんな体力あったの??」

な「昔ちょっと柔道やってたからねぇ」

ゆ・ハ・ア「じゅうどう!?」

な「あれ?言わなかったっけ??」

ゆ「言ってないわよ!あなた格闘家だったの!?」

な「格闘家ってほどじゃないよぉ。

 うちのパパ厳しい人だったから、『精神を鍛えなさい』って言って、わたしを柔道場に放り込んだの。つらいから、小学生でヤメちゃったよぉ(汗)試合なんかぜんぜん勝てなかったし・・・」

ゆ「・・・だったら逆に、なんでサルに襲われて動けなかったのよ?」

な「だってぇ怖いよぉ!」

ゆ「柔道の試合のほうが怖いんじゃないの!?」

な「知らない人とか、急に襲われたりとか、そんなの怖いよぉ!」

ア「つまり、場慣れすれば、結構つよい・・・?」

ゆ「防具のコテで攻撃するってのが、なならしいわね(笑)」

な「鉄の塊が上から落ちてきたら、それだけで痛いなって思ったの。

 わたし、殴るチカラなんてナイからぁ」

ハ「それで木に登って飛び掛かったのか!」

な「あはは。これ、戦士さんに返してくるね」

しかしアミンはななを素早く制止した。

ア「いや、拝借していこう」

な「え??」」

ア「武器にもなるし、防具にもなる。

 ななの言うとおり、鉄は鉄であるだけで武器になる。

 攻撃されたとき、そのコテで受け止めれば強力な防具にもなる。格闘技をやってたなら、攻撃されたときに腕で防ごうとする本能は働くだろう?それだけでも、丸裸よりはずいぶん強いと思うよ」

ハ「オレも何か貰ってくる!」

ハヤトは駆け足で英雄の鎧に向かった。

しかし・・・

ハ「お、おもい・・・(汗)」

ハヤトにはそうびできなかった!



ア「さぁ、気を取り直して帰ろう」

ハヤトがイバラをなぎ払い、一行は再び歩き始めた。

しかし・・・!


息つく間もなく、デスジャッカルがあらわれた!

ア「《メラ》!《メラ》!」

しかし何も起こらなかった!

ア「やっぱりもう魔力がない!」

ハ「コノヤロ!」ハヤトの攻撃!デスジャッカルは少しダメージを負った!

な「えぇーい!」ななは不格好に殴りかかった!

ミス!デスジャッカルはすばやく身をかわした!

ゆ「うぅ!」ゆなはまごまごしている!

ハ「アミン!どうにかしろ!アミ・・・あれ!?」

アミンの姿がない!

な・ゆ「アミン!?」

ハ「あいつ、どこ行きやがった!!」

ゆ「あ、危なぁい!」

デスジャッカルはななを噛みつこうと襲い掛かってきた!

ななはコテをかざして身を守った!

ギャイン!デスジャッカルは鋼鉄を噛んでしまい、自分がダメージを受けた!

な「やったぁ!!」

ゆ「やぁー!」ゆなはサバイバルナイフでデスジャッカルの懐まで襲い掛かった!

ミス!デスジャッカルはすばやく身をかわした!

ゆ「はぁ、はぁ、はぁ、

 力も素早さも体力も、基礎的な戦闘力でコイツに負けてる・・・」

デスジャッカルの攻撃!ハヤトの喉元めがけて飛び掛かってきた!

ハ「やばい!」

な・ゆ「ハヤトっ!!」


ズシャー!!

錆びついた剣がデスジャッカルに襲い掛かった!

デスジャッカルをやっつけた!


ア「ドワーフは、文武両道なんだ♪」


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page