top of page

エピソード31『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード31


翌朝、一行は4時に飛び起きた。

そして眠い目をこすりながら、西の砂漠の向こうを目指して出発した。

町の近郊はたしかに、魔物の陰はなく平和だった。人の住む場所には魔物は出ない。それはエンドールと共通しているようだった。平原にも魔物の姿ははない。もしくは、彼らは出会わなかった。

ハ「なんだ、シラけるなぁ!」とハヤトは手持ち無沙汰に《はやぶさの剣(偽)》を振り回した。魔物がいればいるで文句を言い、いなければいないで文句を言うのだった。


しかし、いつまでも平和ではないのだった。

平原を抜け砂漠に至ると、魔物は姿を見せ始める。当然ながら崑崙(こんろん)の森では見なかった魔物だ。

三又フォークを持った小さな悪魔が、フワフワと空中を浮いている。ベビーゴイルだ。戦闘力が高いわけでもないが、浮いているので攻撃しにくい。奴のフォークでの攻撃もしょっちゅう空振りするが、こいつがもう少し成長したら一行は勝てないかもしれない・・・。

かえんムカデは、炎のように赤い体をした虫の魔物だ。火の息を吐き、こちら全体に《メラ》を喰らわせるような厄介な攻撃をしてくる!集団で現れるともう、逃げるしかない。


崑崙の森から、一行は大して戦力アップをしていない。しかし魔物は強くなっている。武器を買うにはお金がかかりすぎる・・・。何か画期的な戦力アップが必要だなと、一行は感じていた。



日差しが熱を持ち始めた頃、眼前には泉が見え始めた。

その周りは、異様と思えるほど色鮮やかに花が咲いている。妖精の里だろう。その秘密を知る者には容易に察せられる。

キラキラと光る水面をバックに、体を大きくしたリラが、笑顔で一行を出迎えていた。

リ「なんとんか間に合いましたね!良かった。

 ようこそおいでくださいました。ここが私たちのエルフの里です」

な「リラがおっきくなったぁ!」ななはリラに抱き着く。

リ「うふふ。そうです。

 わたしたちは用途によってサイズを変えます。今は飛ぶ必要はなさそうなので」

リラはさわやかな泉を周りながら、4人を里の長ポワンのもとへと案内した。


高齢の、でも上品で麗しい女性が、青空の下の玉座で一行を出迎えるのだった。

ポ「まぁ、本当にかわいい戦士様!

 ようこそおいでくださいました。私はここの長、ポワンと申します。

 見てのとおり、もう高齢。色々なことを皆に助けてもらわなくてはなりません。

 ここも以前はもう少しにぎわっていましたが、泉が干上がり小さくなるにつれ、住むエルフも減っていきました」

な「こんにちは。エルフの王女さま。フルートが得意なのですか?」

ポ「いえ、私は女王ではありません。女王は城にいます。

 私はあくまで、この里の長。

な「えぇー、どう違うの?(汗)」

ポ「私は村長。女王は城の長です。

 ところで、そのフルートの件、お手伝いいただけるというのは本当でしょうか?」

ゆ「はい!手伝います!手伝わせてください!」ゆなは必死の表情で言った。

ポ「どうもありがとうございます。

 お礼はもちろんいたします。

 妖精の職人たちが作る、世にも珍しい武器を差し上げましょう」

ハ「お、待ってました!」

ポ「え?そちらの殿方には、向いているかどうか・・・」

ハ「は!?どういうことだ?」

ポ「お選びはいただけますが・・・

 《りりょくのつえ》 魔力を力に変え、魔法使いでも打撃戦を得意と出来る杖です。

 《まふうじの杖》 相手の魔法を封じる《マホトーン》の効果を放てる杖です。

 《めがみのムチ》 女性の戦士に向いた、うるわしい打撃戦の武器です。

 《銀のタロット》 引いたカードによって様々な効果をもたらす、魔法のタロットです。

ハ「杖が2本にムチにタロット・・・!?

 ふざけんなよ!まともな武器がねぇじゃんかよ!!」ハヤトは泣きそうな顔をしている。

ポ「まともな武器では、あるのですが・・・」

ハ「そうじゃねぇだろ!もっとこう・・・」

ポ「どれもこれも、人間の世界で数千ゴールドの価値はあるはずのものですが。場合によっては万単位にも・・・」

ハ「あーちくしょう、だまされた!

 《はじゃのつるぎ》が貰えるんじゃなかったのかよ!」

ア「誰もそうは言ってなかったぞ・・・」

ハ「帰るぞ!寄り道する意味がねぇ!」

ゆ「ハヤト!」

ハ「オレは武器が貰えるっていうから着いてきたんだ!」

ア「おまえはそうかもしれないけど・・・!」

ポ「どうしましょう。お気に召されませんか?

 お助けいただくことは、できませんか」

ゆ「行こうよ、ハヤト!人助けだって冒険のうちじゃない?」

ハ「よーし!おまえはオレに貸し1つだ!

 手伝ってやるが、後でおまえがオレに武器を買え!3000ゴールドの《はじゃのつるぎ》で許してやる!」

ゆ「・・・・・・!」

この世界で3000ゴールドを稼ぐことがどれほど大変か、ゆなは痛感していた。

ゴクリ。ゆなは息を飲んだ。

ゆ「いいわ。私が責任を持つ!」

な「ゆなぁ!」

ア「ゆな!これは横暴だぜ!なんでゆなが責任とらなきゃいけないんだよ!」

な「なんかワケがわかんないよぉ(汗)」

ゆ「いいよ。私がすべて背負うから」ゆなは震えながら言った。

ポ「お礼の品は、どれになさいましょう?」

しかしこの状況で、ハヤトの使えない武器を指名するのも気まずすぎる、とゆなは察した。

ゆ「えぇと、お礼はことが済んでからゆっくり、選ばせてもらっていい?」

ポ「そうですか。お好きになさってください」

そしてポワンは、ゆなの意思を察した。


ポ「ごめんなさい。わたくし、たったこれだけの会話なのにもう疲れてしまって・・・

 他の者に説明を代わっていただいてもよろしい?」

ポワンは力なくそう言うと、そっと目をぬぐうのだった。

疲れた、というのも事実。そしてゆなの志に目頭を熱くしたのだった。


エ「では私が説明を代わります。エルサと申します」お付きの妖精が場を立て直した。

エ「森が燃えてしまったのです。

 《春風のフルート》を奏でれば、木々の再生を爆発的に速めることが出来るのですが、この里のフルートは紛失してしまいました。

 ですから、湖の妖精の城に、新しいものを貰いに行っていただきたいのです」

ゆ「はい。あまり難しくはなさそう?」

エ「しかし、この里の者でも女王様への謁見は限られているのです。

 この里と同じ様に、妖精の城も姿をくらませています。無暗な侵入を受けぬように。

 彼の地は、美しい湖のある地としては人間たちにも周知されています。しかしわざわざお花を見るために出かける人間はほとんどおらず、城の存在もおびやかされてはいません」

な「えーっと・・・?」

エ「ここからずっと西に行くと湖があり、そこに妖精の城があります」

な「どうやったら、入れるの?」

エ「カギとなるのは、『調和』です」

ゆ「何かそういうカギと、カギ穴があるっていうこと?」

エ「いいえ、キーポイントという意味でのカギです。それが『調和』です」

ア「アイテムじゃない、物質じゃないってことか!ひどく曖昧な・・・」

エ「そうです。女王様のお城は、エルフとて誰でも入れる場所ではありません」

ハ「それを人間の冒険者に頼むのか?」

するとリラが口を挟んだ。

リ「ですから、オーラの優れた者を探したのです!」

ハ「オーラとか調和とか、よくわかんねぇな。こんなロープレ見たことねぇぜ!」

ゆ「どう対策したらいいのかしら?」

な「とにかく、行ってみたら?」

ア「それが正解な気がする。僕らは、力もアイテムも何もかも足りなすぎる。

 何が必要か、わかってからそれを探したほうが早いよ(笑)」

ポ「ケホっケホっ!」

ポワンが口を挟んだ。

ポ「まっすぐ、進むのです。まっすぐ」ポワンは、ゆっくり意味深に、奇妙なことを言った。

ゆ「わ・・・かりました」とりあえずそう返事するしかなかった。

ポ「今日はまだ早いですが、食事をしていってください」

な「わぁい、ありがとうございます」

ポ「そしてゆなさん。後で私のところにいらしてくださいまし」

ゆ「なんでしょう?」

ポ「少々アドバイスを、ね」

謁見は終了した。

リラとエルサは他の仲間とともに、4人を朝食でもてなした。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

コメント


bottom of page