top of page

エピソード48『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード48


一行はベロニカを加えて、ブランカの城から旅立った。

ベロニカの外出について門番たちには、「珍しい絵の具の材料を採るために、2~3日遠出してくる」と言い訳した。

そんな理由であるからに、ベロニカは立派な服も、立派な画材道具も、すべてを小屋に置いてきた。着の身着のままで旅立ったのだった。


東の国を目指して馬車は走る。

依頼は「護衛」であったはずだが、一行はベロニカを過保護扱いはしないことにした。

ときには御者もやらせるし、魔物が出れば共に戦う。野営の際はともに火を熾し、テントを張る。


ベロニカは改めて、「奇妙なパーティーだな」と思った。一体、子供の遊びのようにも見えるし、そうかと思えば偉そうなことを言ってくる。

キキは、自分の身分を打ち明けることにした。何日も一緒に過ごすとなると、隠し通すことは出来ないだろう。ややこしい話になる前に、自分から打ち明けたほうがいい。


ある夜。焚き火を囲んで話していた。

ア「そういえばさぁ、ブランカの女王様の困りごとって何だったのかな?ベロニカ知ってる?」

ベ「あぁ。アックスドラゴンって魔物が時々この国を襲ってくるんだ」

な「それって、オノを持った緑のドラゴン??」

ベ「そうだ。そういうヤツだと思う」

ゆ「じゃぁ謁見の前に用事は済んでいたのね(笑)」

べ「え?それはどういう意味だ?

 まさか君たちがアックスドラゴンを退治したのか!?」

な「へっへーん♪」

ゆ「あんたは寝てただけでしょ!」

きゃははははは!


キキはこの道中ふと思いつき、ななやアミンに提案をした。

キ「ねぇアミン?ななにもう1つ、コテを作ってあげたらどう?右手用にね♪」

アミンは提案のとおり、ななにもう1つのコテを打った。

装備したななは「うぅ、重たい(汗)」と駄々をこねたが、「戦力強化のためにがんばりなさい♪」とキキになだめられ、やむなく受け入れるのだった。

そしてキキは、魔物の出ない平和な道中においても、ななに2つの重たいコテを装備したまま過ごさせた。そして「一緒に踊りましょ♪」と誘いかけ、コテを振り回しながら全身運動をさせた。ななの筋力アップを謀ったのだが、その真相はななには言わなかった。ななはただ、キキと楽しく踊っていた。

ベロニカは何日経っても、このパーティーが何なのか掴めなかった。


やがておだやかな平原は抜け、地形は森がちになった。すると魔物の襲来も増えるのだった。凶暴な魔物にお目にかかることもある。

ベ「ひぃぃ!」実践経験の乏しいベロニカはひるんだ。

キ「落ち着いて!魔物をよく見て。

 《メラ》が効きそうか、《ヒャド》が効きそうか、ぱっと見でも大体わかるはず。

 相手の弱点を上手く突けば、手強い敵でも善戦できるものよ♪」

ひるむのはベロニカだけではなかった。これまでよりも手強い魔物に、ななやゆなやアミンも手を焼くのだった。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page