top of page

エピソード6『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード6

な「ねぇハヤト、日傘ある?」

ハ「ねぇよそんなもん!」

な「えぇー、キャンプ道具色々持ってきたって言ってたじゃぁん」

ハ「日傘はキャンプ道具じゃねぇし!」

な「だってぇ日差しが強いじゃん」

ハ「うっせぇなぁ女は。

 よし、そっちの道に反れよう!」

ハヤトは日陰がちの方向を指さして言った。

ゆ「道って!道なんてなくない!?」

ハ「うっせぇなぁ、ゆなも日焼けしたくないんだろ?

 おまえらのために涼しげな方に進んでやろうって言ってんだ」

ハヤトは「涼しげ」と解釈したが、ななやゆなからするとそのあぜ道は、「不穏な空気が漂っている」ような気がしなくもなかった。しかし強い日差しを避けたいので、2人はハヤトに従った。


な「わぁ!なんか珍しいお花咲いてるよぉ♪」

ななはまた何かを見つけてゆなを呼んだ。

トケイソウのような珍しい形をした花だった。

な「かわいいー♡なんかファンタジーの世界みたぁい」

ゆ「可愛いっていうか・・・熱帯植物みたいな生態系になっているような?」


な「ほら、またー!」

ななはまたも何か珍しい花を見つけて興奮した。

な「ヘンなのぉ」ななが近寄り、触ろうとすると・・・

バチン!!

なんとその花は、不意に生き物のように動き出した!

な「ひゃぁ!」ななは寸でで手を引っ込めた。「びっくりしたぁ」

ゆ「も、もしかして、魔物!?」

ハ「バカだなぁ。食虫植物だろ?ハエを食う植物とかいるんだよ。熱帯雨林のどっかにはさ。知らねぇのか?無知だなぁ」

ゆ「ここって熱帯雨林だっけ・・・?」


な「なぁーんか、日がかげってきたら寒くなってきちゃったなぁ」

ななは両手で腕をさすりながら身震いした。

ハ「暑いとか寒いとかワガママだなぁ」

山はたしかに、日が照ると暑いが日が陰ると急に寒くなる。

「寒いというか、不穏な気配がする」とゆなは感じていた。

ゆ「ね、ねぇハヤト?

 山奥とか森の奥とかにはまだ魔物が残ってるとかって、噂なかったっけ・・・?」

ハ「魔物?そういうのもいるんだろうけど、こんなところに居やしねぇよ。観光地のすぐ近くだぜ?」

ゆ「そうだけど・・・」

ハ「魔物以前に、クマだってサルだって結構狂暴だかんな!

 動物も魔物も変わんねぇよ、はっはっは!」

な「ハヤト、サルなら倒せるのかぁ。頼もしいなぁ」

ゆ「そうは言ってなくない・・・?(汗)」


道はだんだん林続きとなった。

ゆ「ねぇ、私たち何のために歩いてるんだっけ?そろそろ戻ってバンガロー探そうよ」

ハ「何のためもねぇよ。冒険ロマンだ。まだ何も見つけてねぇぜ?」

な「でも寒くなってきたよぉ」

ハ「林を抜けたらまた暑くなるよ。太陽はまだ高いだろ」

な「そうかなぁ・・・」


そのときだ!

ガサガサ!

背後の茂みからサルが襲いかかってきた!

キキ―!!

な「きゃぁ!」ななはおどろきとまどっている!

ゆなとハヤトは逃げようとしたが、ななは腰を抜かし、その場にしゃがみこんでしまった!

な「待ってぇ!」

ゆ「なな!」ゆなはななの叫び声に気づいた。

サルが飛び掛かってくる!

ゆなはななの元に駆け戻り、ななを抱えてそのまま身を伏せた!サルの攻撃をかわした!

サルはひるまず、再びななのほうを向いて体勢をとった。

ハヤトは棒切れを拾い、後ろからサルに殴りかかった!

ハ「こんにゃろ!」

サ「キィィ!!」サルは攻撃を受けたがひるまず、ハヤトに飛び掛かり腕にかみついた!

ハ「うわぁぁぁ!!!」ハヤトは必至にサルを振り落とした!

サルはハヤトには向かわず、なおもななに向かって臨戦態勢をとる!

ハヤトは、サルの敵意が自分に向いていないことに気づくと、重いリュックを捨てて遠くに走り逃げた!

ゆなはななの元から駆け出す!

な「あぁ、待ってぇ!怖いよぉ!!」ななはまだ動けない!

サルはキーキーと耳をつんざく鳴き声で威嚇をする!

そしてまた、ななに襲い掛かった!

な「きゃぁ!!!」


ザクっ!!!

ブシュっ!!!

周辺には派手に、赤い血が飛び散った。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page