top of page

エピソード64『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード64


―リーザスの町―

な「わぁキレイ!」

ななは一足早く飛び出していった。

リーザスの町は、薄紅色の石像や細工品があちこちでキラキラと光っている。


店「らっしゃいらっしゃい!

 リーザス名物、ローズクォーツの招き猫は、ウチが一番一級品だよ!」

ゆ「ローズクォーツ。鉱石で有名な町ってこと?」

ア「なんか空気が悪いな、この町は」

ななは素直に呼び込みに吸い込まれていく。

店「やぁお嬢さん!どうかね?この美麗な招き猫!」

な「かわいいけど、招き猫は持って歩けないよぉ」

店「そうか。かわいい旅人にはこっちだな。

 ほら、ローズクォーツのペンダント!イルカのかたちをしているよ!」

な「おぉ~かわいい♪

 ねぇゆな、1つだ・・・」

ゆ「だーめ!

 この町きな臭いから。何か買うとしても後でね」

な「だってぇ。後でまた来ますぅ」

ななはゆなを追いかけていった。


ゆ「どこでも同じようなもの売ってるわよ。

 ちゃんと値段見た?だまされないように気を付けて!」

な「ほんとだぁ。あっちもこっちも売ってる」

土産物だけではなかった。

昔この町を作ったという魔法使いの像も、ローズクォーツ製のものが広場の真ん中で輝いている。

ローズクォーツで出来た立派な建物だってある。


そうして町を歩いていると、妙な輩に声を掛けられた。

靴「お嬢さん。靴磨きはいかが?1ゴールドぽっきりだ」

道端に座り込んで、赤いヒゲの小さな男が靴磨きの商売をしている。

キキの革靴は長旅ですっかり汚れていた。

キ「あら、お願いしようかしら」

キキは靴を差し出す。男はキキの顔を見上げた。

靴「うん?おまえはエルフか?」

キ「シーっ♪」

男はつまらなそうな顔をして、黙々と靴を磨いて「あばよ」と小さく言った。

キ「なによ。愛想の悪い男ねぇ」

そしてどうも、同じような土産屋が乱立するだけでなく、路上の靴磨き屋も何人かがたむろしているようであった。


一行は手頃な宿をとった。

さて、この町に来た目的は何だっけか。宿屋の店主で情報収集だ。

ア「おじさん。この町、妖精がいるんだって?」

宿「妖精?それは知らんがね。

 この町は、靴が盗まれるなんて事件がちょいちょい起こるよ。気を付けな!」

ア「靴の盗難?

 それって靴磨きの連中のしわざじゃないの?」

宿「いやぁ彼らは悪者じゃないよ。

 どっかの町の名うての靴職人でね。靴の盗難があっても、彼らが作ったり直したりしてくれるから、この町は平和でもってるさ」

ア「うーん?」なんだか妙な気もするが。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page