top of page

エピソード65『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード65


町はさしづめ美術館のようであった。土産物屋も美術展だ。

な「買わないならいいでしょ?」ということで、女たちは芸術鑑賞に繰り出した。

アミンは目抜き通りに戻り、靴磨きや靴屋の様子をしばし観察することにした。

靴磨き屋の磨いた靴が、壊れたり汚れたりしてクレームが起きる様子はない。客は誰もが笑顔で帰っていく。

靴屋は2軒か3軒か。特段多すぎるわけでもない。

ショーウィンドーの内側では、やはり赤いヒゲの小柄な男が、黙々と靴を作っている。無骨な働き者のように見える。

靴磨きの様子を眺めていると、どうも磨き屋たちは、金持ちそうな人間にばかり声を掛けているようだった。この町の住民であったり、商人や旅行者であったり様々だが、金持ちそうだという共通点がある。

しかし靴磨きなど金持ち相手の商売か。そのような気もする。


しばらくぼーっとして、観察に飽きも感じはじめた頃・・・

キャー!誰かの悲鳴が聞こえる。

女「私の靴はどこ!?」

座敷の食堂で食事をしていた女性の、靴がなくなったらしい。

女は遠方からローズクォーツの調度品を買いに来た、旅行者だった。

女「お店の店員が蹴っ飛ばしていったんじゃないの!?」と店の者に腹を立てて怒っている。

店「いいえ、そんなことはいたしません。うちの従者は教育を徹底していますゆえ」

従業員たちは慌てて周囲を探したが、店の中にも周りにも、彼女の靴は見当たらない。

女「大通りに靴屋があったわね。ちょっとサンダルを貸しなさい」

と、代替品のつっかけを履いて通りの靴屋に新たな靴を買いにいった。

アミンはその様子も見ていた。

女の目線で、改めて靴屋を覗くと、どうも中古の靴が多いように見受けられた。

ア「中古ばかりなんて、珍しいな」

鉱物を無用に掘り出して商売する町人、靴磨きをする変わった男たち、高級品を買い漁るぜいたくな人々・・・一体誰が悪者なのか、アミンにはよくわからなかった。

「何が起きているんだ?」頭の後ろで手を組みながら、ぼーっと歩いて考えていた。



夕刻。アミンが町のはずれを歩いていると、民家の屋根の上に誰かが座り込んでいる。

ア「おや?」見上げて凝視してみると、どうやら赤ひげの男の一人だ。

靴を抱えて何やら作業をしている。磨いているのではない。修復か。

ア「・・・!

 レプラコーン?」

アミンは何かを思い出した。

ア「赤いヒゲの靴職人の妖精、レプラコーン。

 どっかの地域にそういうのがいるんじゃなかったか?

 『堕落した妖精』とか言われてるんじゃなかったか?」

アミンはいよいよいぶかしげて、男の手元を凝視した。

ア「昼間の女の靴によく似てるぞ!」

アミンは意を決した。

ア「おい、屋根の上のおまえ!」

赤ヒゲの男は不意に強い口調で呼びかけられ、慌てたようにアミンを見た。

赤「ドワーフ・・・?妖精仲間か?」

赤ヒゲの男はアミンがドワーフだとわかった。そしてすぐに警戒を解こうとした。が・・・

ア「おまえ、それ盗んだ靴だろう!」アミンが強い口調で睨むので、赤ヒゲはすぐに身構え直した。

赤「なんだ、邪魔をするのか!」

要領を得ない、という面持ちで、しかし結論には至ったようだった。

ピュ――――!!と鋭い指笛を吹くと、彼は素早く屋根から飛び降りた。

そして町のはずれへ逃げていく!

ア「待てっ!」アミンは奴を追いかけた。


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page