top of page

エピソード79『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード79


一行は大きな酒場を探した。この城にも《WANTED》の制度はあった。

ア「誰の助けをしてあげよう?」

4人は貼り紙をまじまじと眺める。

な「あ、これなら出来そう!」

3人「なになに?」

 『プチアーノンをペットにしたいから、1匹捕獲してきて!』

ゆ「はいはい。後でねぇ(汗)」

キ「うふふふ。なな一人でも出来るかもよぉ♪」

な「いやぁキキちゃんも来て!」

ア「はいはい遊ぶのは10秒までだ。あとは真面目にやって!」

ゆ「これは?

『体が焼けるように熱い。何の病気かわからないが治してほしい』

な「何の病気だろ?ゆな心あたりあるの??」

ゆ「ううん。わからないけど、話を聞いたら何かわかるかも」

ア「とりあえず行ってみよう」

依頼主の住所は、教会の裏の民家とあった。

一行はそこまで訪れた。



トントン。

ゆ「病気の方がいると、酒場の掲示板で見ました」

?「入ってくれ!」中から声がした。

わりかし大きな民家の中に、男がぽつんと横になっている。

ゆ「私たち旅の者です。私はゆな。あなたは?」

ハ「ありがとう。私はハグリッドという。

 こう見えて、この国の元兵士団長だ」

4人「えぇ!!」

ア「もっと立派な救護場があるのに、どうしてこんなところで?」

ハ「『元』だからこそ、だよ。

 私は先日、原因不明の病で前線を退いた。

 兵士長といえども前線で役に立たない男に、割ける人員も薬草もない。

 軍の人員も城の人員も私に構う暇などないんだ。

 だから自分で人を募った。万が一、旅行者などがあの貼り紙を見るかもと願ってね」

ゆ「良かった!

 誰の手にも届かない人を助けたいと、思っていました!」

ハ「あ、ありがとう」

ハグリッドはゆなのその言葉にささやかに感動したが、何とリアクションしていいかわからなかった。


ゆ「それで、容体は?呑気にしてもいられないのかも」

ハ「あぁ。体中がカッカと熱いんだ。焼けるように苦しい。

 彼これもう1週間くらい、この状態が続いている・・・」

ア「《やくそう》や《まんげつ草》は?」

ハ「効かなかった。《どくけし草》も」

ゆなは周りを見渡した。

ゆ「この部屋は暑いですが、いつもこうなの?」

ハ「暑いのか?これがこの国の当たり前だから・・・」

ゆなはハグリッドの額に手を置いた。

ゆ「熱いな!8度5分ってところか」

ゆ「1週間前は、何をしていました?」

ハ「兵士長をしていたよ。

 私はあまり前線に出ないが、ほとんど毎日、夜間待機していた」

ゆ「夜中も?まさか、鎧を着たままで!?」

ハ「そうだ。いつ出兵かわからんからな」

ゆ「暑苦しかったのでは!?」

ハ「それが普通だと思っていたが・・・」

ゆ「体を冷やすべきだわ!

 エアコン・・・ひんやりと冷たい部屋などありませんか?」

ハ「そんなものこの国にありはしないよ」

な「《ヒャド》は?」

ゆ「それじゃ温度調節が上手くいかない!」


ア「冷たい場所で、安静にすればいいのか?」

ゆ「アミン!何か名案がある?」

ア「兵士長さん、この辺に山はある?

 山のふもとに、鍾乳洞はない?えっと、洞窟のこと」

ハ「北西に二十里行けば、アララト山という山がある。

 そのふもとに大きな自然の穴が開いているよ。

 そうだ!そこは夏でもひんやりと涼しい!」

ゆ「行ってみましょう!」

一行はハグリッドを馬車へと担ぎ込んだ。

ゆなは町の商店で食材をたくさん買い込んだ。もちろん繊維質の豊富な野菜も。


最新記事

すべて表示

エピソード200 『天空の城』

エピソード200 マスタードラゴンは天空城の2階のテラスへと着陸する。 着陸と同時に楽団は、勇ましいセレブレーションを奏ではじめた。そして天空城の住民たちが祝福に出てくる。 わー!パチパチ! れいさん、ばんざーい! デイジーさん、ばんざーい! マ「宴は後だ。先に少し話をしよう」 王の間へと移る。 マ「さて、二人を讃える言葉を送る者として、精霊ルビスと私と、どちらがよいだろうか?そなたらが望むなら女

エピソード199 『天空の城』

エピソード199 れ「一か八か・・・ 食らえ!とっておきの極大魔法!! 《ベホマ》!!!」 れいは両の手に回復のエネルギーを膨張させると、それを乱暴にクシャトリアに投げつけた!! ジュワ――――!!! すさまじい奇妙な音を立てて、クシャトリアの体が溶けていく!奇妙な煙を上げる! ク「お・ぉ・ぉ・ぉ・ぉ!」 デ「効いてるぞ・・・!」 れ「《ベホマ》!《ベホマ》!!」 そのとき、れいの体がほのかに青白

Comments


bottom of page