top of page

エピソード82『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード82


バタン!

ハグリッドは勇ましく詰所のドアを開いた!

ハ「心配かけて済まなかった!私はこうして健康を取り戻した!

 いいや気を病むことはない。私は兵士長に戻ったりはしない。好きにやればよい。

 私は本日付けで、救護班の特別顧問に就任することと相成った。

 食事についての指示がある。

 肉だけでなく野菜をしっかり食べるように。

 戦闘後の著しい体力消耗時も同様。負傷時も同様。

 ニンジン、大根、その他根菜をしっかり食べたまえ。

 救護班の食事担当には後にレシピを配る。そのとおりに食事を改めるように!」


ゆなを先頭に、4人はしばらくの間、兵士たちの食事の調理に奔走した。

2週間もすれば、グレイスの兵士たちは元の健康と男気を取り戻した。



教会の裏のハグリットの家。

ハグリットは元気な体で、ななたちに相対した。

ハ「改めて礼を言おう。心から感謝する。

 君たちのおかげで、グレイスの兵士たちは士気を取り戻した。

 魔法にも、薬草にも頼らず体を作るというのは、人の体が百年生き、この国が千年続くために、きっと不可欠なことなんだ!」

ゆ「ど、どうも(照)」ゆなははにかみながら答えた。

ハ「さて。私の依頼を受けてくれたことに対して、報酬を贈らなければならない。

 武器や防具を贈ることは造作ないのだが、それを買うだけの金は持っていると言ってたな?」

ア「あぁ。画家の友人が工面してくれたお金があってね」

ハ「それに、あまりゴツゴツと武装したくもないと見える」

な・キ「そうなんですぅ♪」

ハ「まず1つは・・・。

 それでも君らのパーティの前衛のために、《銀のむねあて》の1つでも贈ろうと思うが、どうだろうか?

 子供サイズの胸当てなどなかなか流通していない。しかし軍事国家グレイスならそれが少々ある」

ア「え、僕の防具ってこと!?」

ハ「そうだ。防御力の強化にはなり、それでいてそんなにかさばらないと思うが」

ア「えぇ、嬉しいなぁ!

 でも、ゆなばっかりがんばったのに、僕の装備品でいいのかな?」

ゆ「いいんじゃない?別に♪

 私ばかりがんばったわけでもないわ」

ハ「ははは。良い仲間を持ったな。羨ましいかぎりだ。

 いや、私の国の兵士は、まだ長年かけてしつけていかなければならない。

 おっとっと!話が反れてすまん。

 もう1つ。贈りたいものがある」

な「何かなぁ!お姫様のティアラ?」

ゆ「あんたは黙ってなさい!」


ハ「先日・・・

 洞窟の中で眠っていた時、たくさんの夢を見た。子供の頃の夢だった。

ア「そんなこと、言ってたね」

ハ「そのうちの1つが、気になってな。

 というのも、

 あの洞窟の奥で、仙人のような老人がひっそりと暮らしていた。

 子供の頃私は、その老人に会ったことがあるような気がする。

 その夢を見て思い出した。

 しかし、本当に会ったのか定かでない。それも子供の頃に見た夢にすぎないのか?」

ゆ「洞窟の奥に!?」

な「仙人!?」

ハ「そんなことはありえない。

 と私は思っていた。だから夢か幻だろうと思っていた。

 しかし・・・」

ア「ドワーフは洞窟の奥深くで生活したりもするよ」

ハ「そうだ。ドワーフという人種と実際に触れ、そなたの話など聞いているうちに、洞窟で暮らす仙人というのが空想でもないような気がしてきた」

な「楽しいおとぎ話♡」

ハ「いや、そうじゃなくてだな(汗)」

ゆ「ちゃんと話聞いてなさいよ!」

ハ「その仙人というのが、『山の神』だとかなんとか名乗っていた記憶がある」

4人「山の神!?」

ハ「さらには、魔法を得意とする仙人だったような気がする。

 つまりは、そなたらが会うことに意義があるんではなかろうか?」

ア「あるかも!」

ハ「しかし、彼の話は他言しないでもらいたい。

 そもそもただの迷信かもしれんのだが、もし実在するとして・・・それは公にしてはならんことのような気がする」

キ「トップシークレットを、報酬としてわたしたちにくれるのね♪」

ハ「そうだ。プライスレスな贈りものはないかと、ずっと考えていた」

ア「太っ腹ぁー!」


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page