top of page

エピソード113『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード113


ゆ「少しお話が聞きたいのです」とゆなは言った。

修「何のお話でしょう?」

ゆ「何なのか、よくわからないのですが、修道院という場所の暮らしに興味があります。興味がある、というのは失礼でしょうか?」

修「うふふ。失礼ということもないわ」ゆなのような人間は、数年に一人は訪れるのであった。

修道女は、院の様子を見せながら先導した。

ア「ここは何の宗教なの?ギュイオンヌの建築美術に似ているようだけど」

修「私たちは特定の宗派を持ちません。神も、救世主も、聖母の像も祀りません。

 ただ修道の暮らしがあるだけです」

な「修道の暮らしって何をするの?」

修「畑を耕し、極力自分たちで食材を自給します。

 服を織ったり、棚を造ったりも自分たちで行います」

ア「自給自足は修道院の基本だ」

な「ケーキはないの?」

修「うふふ。ケーキもありますよ。少しは。

 砂糖は自給していませんが、町から買ってきます」

廊下には油絵が飾られてある。建物の柱は、人の手で彫刻が施されているように見える。

ゆ「ここには、芸術を楽しむ自由もありますか?」

修「えぇ、もちろん。私たちは芸術が好きです」

な「ケーキがあって、お描きが出来て、でも悪者もケンカもないの?」

修「そうです。まぁそういう感じの、静かな暮らしです」

な「いいなぁ」

修「でも修道院には、恋愛がありませんよ。

 若い女性たちが、それに耐えられるのでしょうか。

 耐えられる人もいます。致命的に受け入れられない人もいます」


修道女は廊下の窓を幾つか開けて換気の日課をこなすと、そのまま勝手口から外に出た。

建物の横手には畑が広がっている。人の姿が見える。

修道服姿の女性が、苗に向かってしゃがみこんでいる。横には少女が1人いる。

キ「あの子、天使だわ」キキがぼそっと言った。

な・ゆ「えー!?」2人は驚いた。普通の人間の少女に見える。背中に翼が生えていたりはせず、頭上に光輝く輪っかも浮いてはいない。

修「よくおわかりになりましたね!」

キ「妖精は天使の親戚だもの♡」

ア「僕はわからなかったけど(汗)」

一行は二人に近寄っていく。

修「実は・・・

 この修道院の近くには、天使たちの住む里があります。

4人「天使の里!?」

修「シー!他言なさらぬようにお願いしたいのですが。

 そこの天使たちもまた、人間の俗世から離れてひっそりと暮らしています。

 しかし彼女たちも、少しは人間に慣れなくてはいけません。

 そのために時おり、この修道院にやってきます。危害を加えない人間と、彼女たちは安心して交流を楽しみます」

2人の横まで来た。

キ「こんにちは♡わたしは妖精よ♪」

天「わわっ!」天使であるらしき少女は、色々な意味で驚くのだった。

ゆ「お邪魔しています」とゆなは大人の修道女に挨拶した。

な「何をしているの?」ななはしゃがみこんで、親しみを込めた笑顔で少女に尋ねた。

天「えーっと・・・」

代わりに修道女が答えた。

女「天使たちは強い癒しのチカラを持っています。

 彼女たちが植物に手をかざすと、植物が速く大きく成長するのです」

な「お手伝いしてるんだぁ♪」ななは少女の頭をなでた。

天「えへへ」少女は嬉しそうに照れた。

女「天使たちは普通に、畑を耕したりじゃがいもを掘り起こしたりもしますよ。

 人としての生活をし、人としての苦労をします。

 癒しのチカラが使えるからといって、ずっと手をかざしていればよいわけではありません」


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page