top of page

エピソード2『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード2

ゆなちゃん 世界樹 -妖精さんを仲間にするには?
ゆな

ゆな

5月24日生まれ 23歳 元看護士

160cmくらい 45kgくらい Cカップくらい



ある日、母親に小言を言われたななは、またふらふらと家を出て、例の喫茶店に向かった。

今日も『水平線』の店主は静かににこやかに微笑み、バグパイプは軽妙に歌い、店内は世界各国のガラクタが世間話をしていた。この間よりは客が賑わっている。

なながカフェオレを飲みながら窓の外を眺めていると、不意にドアから声をかけられるのだった。

ゆ「ちょっとアンタ!こんなところで・・・

 あれ?あ、ごめんなさい!!」

バタン!喫茶店のドアを気まずそうに閉じて、その女性は消えてしまった。

な「はぁぁぁぁ・・・??」

ななはポカンとした。

窓の外を今の女性が通り過ぎていく。こっちをじっと見ている。・・・?彼女は踵(きびす)を返す。

喫茶店のドアが再び開いた。

ゆ「それにしてもよく似てるわね!!」

な「はぁぁぁぁ・・・???」

ななは再び、呆気にとられた。

ゆ「ちょっといい?」彼女はななのテーブルに腰をおろした。

ゆ「ごめんね。あなた、私の妹にソックリなんだもの!」

な「あぁ、そういうことですかぁ(汗)」ななは人が善さそうに苦笑いを向けた。

ゆ「私はゆな。あなたは?」

女性を眺める。ななよりも数歳上か。社会人?長い黒髪は丁寧に手入れされ、学生ではないように見える。頭の良さそうな、素行の良さそうな美人だ。ななとは正反対の人種に見える。

ゆ「あんまりにも似てるんだから!

 これはきっとシンクロだわ!そう思って引き返してきたの」

な「シンクロ・・・?」

ゆ「何か意味があるのよ。

 で、どこが痛いの?痛み止めとのど飴なら今持ってるけど」

な「はぁ?」

ゆ「あはは、私看護師でね!元、だけど。さっきヤメてきたの。

 何か病気で困ってるのかなと思って」

な「・・・。

 お薬じゃ治せません。心が、痛いので・・・」

ななは自分の憂鬱の要因を、ゆなに打ち明けた。



ゆ「・・・なるほどね。

 まぁお母さんの気持ちもわかるけどね。私の妹も『アイドルになりたい!』ってそればっかり言って、勉強もしないから、姉とて不安になるし。

 でも、ななの気持ちもわかる。

 私は看護の学校に行ったけど、ギリギリまで迷ったわ。クラリネットが好きだったから、音大に進みたかった。でも音楽なんて、食べていけやしないのよ。だから看護の道に進んだけど、でもななの気持ちはわかる」

な「はぁぁ。おうちに帰りたくないなぁ」

ゆ「ウチに連れ帰ってあげたいけど、ウサギ小屋だもんでねぇ」

な「え?」

ゆ「あはは、一人暮らしなのよ。安月給だから、小さいアパートに住んでるの」

な「その若さでもう一人暮らししてるんですかぁ!すごいなぁ」

ゆ「すごいも何もないのよ。家にいたくないんだもん。私も」

な「妹さんは、そんなにお姉ちゃんのお菓子を食べちゃうんですか?」

ゆ「あなたはそうってことね(汗)

 妹じゃなくて、母親が嫌なのよ。私も。

 うちは一人親なんだけど、その母が熱心な宗教信者でね。

 150万円のツボとか買ってきちゃうのよ。家計が苦しいっていうのにさ」

な「うちは、ママが150万円の英会話教材とか買ってきちゃうんですぅ(泣)」

ゆ「聖書を読んでいれば幸せになれると信じているの!」

な「参考書を読めば幸せになれると信じているの!」

ゆ「聖書を読んで、でもぜんぜんその通りにしないのよ?神頼みするだけ」

な「参考書を積まれても、全然勉強しないのよ?神頼みするだけ」

ゆ「ちょっとは勉強しなさいよ!」

な「だってぇ・・・。脚本だったら、字だけの本でも読めるんだけどなぁ」


ハ「学歴信仰。というヤツだな」

不意に、隣のテーブルから少年が声を挟んだ。

な・ゆ「は??」二人は声のほうを向いた。

ハ「学歴信仰というヤツさ。

  良い学校に入れば幸せになれると信じ切っている。そして入学金や学費にバカげた金額を注ぎ込み、お題目を唱えるかのように子供に歴史年表を暗記させる・・・。

 それは本当に宗教に似てるよ。いや、宗教みたいなもんだよ、何でもかんでも」

少年はキザに腕を組み、脚を組み、キザに俯きながらアニメキャラのごとく持論を語るのだった。


な「で、ウサギ小屋に連れていってはもらえないの?」ななはゆなを見つめて言った。

ハ「ムシするなよ!!」

な・ゆ「えぇ?男の人にナンパされても着いていくなって言われてるしぃ」

は「ナンパじゃねぇよ!」

ゆ「じゃぁ何なのよ?」

ハ「同志だな、と思って」少年はまた、キザに髪をかき上げた。

ゆ「やっぱりナンパじゃない」

ハ「ナンパじゃねぇ!オレは女は妹にしか興味がねぇんだ!」

な「う、シスコン(汗)」

ゆ「弁明になってないわ」


ハ「オレはハヤト。

 この世の闇を晴らしたいと願っている」

ゆ「キモ!同志って言わないで(汗)」

ハ「いちいちツッコむなよ!」

ゆ「で、あなたは何から抜け出したいの?」

ハ「どうせ言っても理解できないよ。キチガイ扱いされる」

ゆ「じゃぁ話しかけないでよ!もう!」

な「まぁまぁ」ななはゆなをなだめる。

ハ「オレは、自分がデジタルなデータにすぎないのではないかと思うときがあるんだ。

 ここはゲームの世界で、オレはそのキャラクターの1人。NPCというやつだ。

 ゲームマスターか神か何か、圧倒的な権力者に言動のすべてを制御されている。それが嫌なんだ。

 ゲームマスターみたいなヤツに統率されている、ような気がするこの現状が。

 だからそこから抜け出したいと思ってる。

ゆ「あなた、テレビゲームのやりすぎなんじゃない(汗)」

ハ「そう。その通りだよ。オレはテレビゲームをめちゃくちゃやってきた。それはあまり良くないことだったと反省もしてる。

 でも、だけど気づいたんだよ。今オレのいる世界が、なんかテレビゲームの中の世界と酷似してるなって」


ハヤト 世界樹 -妖精さんを仲間にするには?
ハヤト

ハヤト

7月3日生まれ 17歳 ニート

165cmくらい 50kgくらい 


最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

Comments


bottom of page